お仕事ザンマイの5日間。東京滞在の持ち物リスト

The following two tabs change content below.
ミニマリストしぶ

ミニマリストしぶ

“Minimalist”代表。福岡在住、4畳半の23歳。著書「手ぶらで生きる」が発売日に重版&Amazonベストセラー1位に。「MINIMALS」商品デザイン監修。

もはや忘備録。今回も持ち物リストを書き残して置きます。

東京5日間の目的

  • サンクチュアリ出版でのトークショー(参照
  • 書店周り
  • ニコニコ超会議(参照

 

 

SPONSORED LINK

5日ぶんの持ち物リスト

衣服・日用品類

 

  • isar rucksack(リュック)
  • Hanes ビーフィーT x3(半袖Tシャツ)
  • ユニクロ AIRism x3(肌着)
  • ユニクロ AIRism x3(パンツ)
  • GU ソックス x3(靴下)
  • ワンデイコンタクトx7日ぶん
  • シェーバー
  • 塗り薬x2
  • サプリメント6種類

前回のベトナム旅行9日では「4着そろえ」でしたが、今回は3着そろえ。

個人的に「2着」だと洗濯スパンが短すぎ、5着以上は物が増えすぎる…

ということで日数に応じて「3 or 4」あたりで調整することが多いです。

 

ガジェット類・仕事道具

トークショーでプレゼンしたり、ニコニコ超会議では動画の生配信を行ったり。

今回は僕が持ちゆるガジェット類フル装備です、重い…

どうしても撮影器具は多くなりがち。

 

できるだけ重量が軽い物をチョイスしていますが、もっと根本的な見直しが必要そう。

家でプレゼン資料作って、スマホにケーブル繋ぐとか。

自分でカメラを持って行かず、カメラマンを手配するとか。

前回のバックパッキング記事でも書いたように、2018年は「パソコン持たず、スマホで仕事する」が課題ですね。

 

前回のバックパッキング:人生初の海外旅行、ベトナム9日間の持ち物リスト