最終更新日: 2017/08/24

ストレスのかかるコードを断捨離した。無線イヤホンAirPodsをレビュー

The following two tabs change content below.
ミニマリストしぶ

ミニマリストしぶ

"Minimalist"代表。現在22歳、福岡県出身の1995年生まれ。持ち物すべてを詰めたキャリーケース1つでの移動生活を終え、福岡にて4畳半の小さい暮らしを実践している。
ミニマリストしぶ

最新記事 by ミニマリストしぶ (全て見る)

「音楽を聴くたびイヤホンのコードをほどくのに時間がかかってイライラする・・・」

「Bluetoothのイヤホンに興味があるけど、使うたびに充電するのは面倒くさそう」

 

そんな悩みを解決してくれる、理想のコードレスイヤホンに出会うことができました。

それはAppleが販売を始めた「AirPods」というイヤホンです。

th_img_2338

まだ発売して2日ですがすでに予約が殺到しているようで、今から注文しても手に入るのは「6週間後」の2月以降。

 

▼AirPodsを購入してから、今日も朝起きてからずっと音楽聴きぱなしです。

th_img_2337

 

 

SPONSORED LINK

「AirPods」ってどんなイヤホン?

AirPodsはコードがない無線イヤホン

th_img_3119

画像を見ての通り、AirPodsには左右をつなぐコードがありません。

だからコードが絡まない!!

「音楽を聴こう!」と思った時に、コードが絡まってほどくのにイライラ…なんてこともありません。

コードが絡まないイヤホンって本当にストレスフリーです。

おかげで音楽聴くまでのハードルが一気に下がりました。

一度使ったら有線のイヤホンには戻れないですね。

 

▼実際に耳につけるとこんな具合です。正面。

th_img_2317

 

▼斜めから。

th_img_2318

発表当時は「耳からうどん」なんて馬鹿にされていましたが、実物は普通にお洒落で満足しています。

使っている人もまだ少ないので外でドヤ顏しています。

 

イヤホン本体を専用ケースで充電できて24時間バッテリーが持続する

th_img_2332

AirPodはイヤホン本体にケーブルを刺して充電するのではなく、

専用のケースに差し込むことで充電が開始されます。

AirPodsはイヤホン単体のバッテリーが5時間、専用ケースに入れて充電することで24時間バッテリーが持続します。

しかも最初の15分で3時間分のバッテリーを充電することができます。

 

 

▼ちなみにAirPodの専用ケースはLightningケーブルを使うことで受電することができます。

th_img_2322

MicroUsbを使わなくても良いのが嬉しいですね。

 

耳から外すと自動で再生が’止まる

th_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-21-18-21-37

AirPodsはイヤホンの中に重力センサーが搭載されているので、イヤホンを耳から外すと自動で再生が止まります。

自動で音が止まるってスゴくないですか??

逆に、外した状態から耳に装着すると自動で再生が始まります。

AirPodsを使っていると「音を再生するとか停止するという概念」が無くなっちゃいますね。

 

設定不要で、フタを開くと勝手にiPhoneと繋がる

th_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-21-18-22-44

従来のBluetoothイヤホンだと購入時にiPhoneと接続するために、

ペアリング設定をする必要があってこれが結構面倒臭いんですよね。

AirPodの場合は購入してすぐにフタを開けるだけで、手元のiPhoneと勝手にペアリング設定が完了するので、

「iPhoneの細かい設定方法とかよくわかない…」なんていう機会オンチの人でも全然使えます。

 

AirPodsを2回叩くとsiriが起動する

AirPods本体を2回叩くと自動でsiriが起動します。

外だと周囲が気になって使う気がおきませんが、家で自分1人の状態の時は結構使っています。

AirPodsをを叩いてsiriを起動して、

「(曲名)を流して!」

と叫ぶだけで目的の曲を流すことができるのは結構便利です。

 

AirPodsを1日使ってみての感想

とにかく付け心地が最高!耳にフィットするのでなかなか外れない


購入前の僕は「きちんと耳にフィットするのかな?」と不安を感じていて、

最悪買ってみてフィットしなかったら売れば良いかという考えでした。

iPhoneに最初に付属しているイヤホン「EarPods」はイマイチ耳に馴染まなかったんですよね。

それでもAirPodsは超ピッタリちいうくらい、ジャストフィットな付け心地です。

頭を激しく振り回しても全く落ちる様子はありません。

iPhone付属のイヤホンと違ってコードがない分、イヤホンが浮かずに耳にストンと落ちる感じがあります。

なので僕のようにiPhone付属のイヤホンがイマイチ耳に馴染まなかったという人もAirPodsならフィットする可能性があるので、

店頭で試着してみることをおすすめします。

 

音質は思っていたよりは良い、EarPodsよりも低音が強め


結論から言うと「価格に見合うだけの音質はある、iPhone付属のイヤホンよりも低音が強くなっている」と感じました。

AirPodは税込価格はおとそ18000円、イヤホンとしてはまぁまぁ高価な部類に入ります。

とはいえ「AppleのイヤホンだしiPhone付属のイヤホンと同じくらいの音質なんだろうなぁ」とあまり期待していませんでした。

音質がそれなりでも機能性が良ければイイくらいにしか思っていなかったので、良い意味で期待を裏切られました。

「Bluetoothだから有線にと比べて音が悪い」なんていうのは全然なくて、

そこまで音質にうるさい人でもない限りほとんど違いがわからないレベルだと思います。

ちなみに僕は今までイヤホンを買う時には「絶対に低音重視のイヤホンじゃないと嫌だ」というこだわりがあったのですが、

AirPidは低音がそこそこ強くて僕も満足しています。

 

片耳だけ使ってヘッドセットとして利用することができるのが便利


僕がこのAirPodsを購入した決め手の1つでもあるのがこの機能。

「両耳をふさがずに片耳だけで音楽を聴きたい」という要望にも答えてくれます。

自転車や車に乗りながらでも、片耳なら安心して使うことができます。

 

AirPodsのここがイマイチ

音量を調整し辛い


音量調整はiPhone本体のボタンで調節するか、siriの音声コントロールを使うかのどっちかです。

それかAppleWatchを持っている人であれば、デジタルクラウンで調整することもできますね。

音楽を聴いているときは基本的にポケットにiPhoneが入っているから問題ないのですが、

家で音楽を聴いていて、手元にiPhoneがない状況だとsiriを使って音量調整するしかありません。

部屋で一人の状態ならそれでも良いんですけど、siriを起動するたびに音楽も止まっちゃうのでテンポが乱されます。

だから結局音量調整をしようと思ったらiPhoneの近くまでいってボタンで調整するしかないんですよね。

 

音楽の自動再生/停止が誤作動する時がある

ついさっき、スタバで会計するタイミングがあったのでAirPodsの片耳を外して音楽を停止させました。

両耳をふさいだままでは会話できないですからね。

それでそのまま会計が終わるまで片手でAirPodsを持っていたのですが、すこし手を上下させただけで誤作動してしまい、

そのまま勝手に音楽が流れてしまうという結果に。

まだ使い慣れてないからかもしれませんが、「会話するために片耳だけ外す」シーンでは注意が必要ですね。

 

本体を紛失しないようにとケースをズボンのポケットに入れると不恰好に

th_%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-21-18-16-06

AirPods単体だと小さくて紛失してしまいそうです。

紛失を防ぐために、使い終わったら専用ケースに保管して充電しておくのがベストなんですが、

その専用ケースをズボンのポケットに入れると生地が伸び不恰好に。

専用ケースのサイズ自体はかなり小さいのですが、厚みは結構あります。

そこまで目立つことはありませんが、気にする人は気にするでしょうね。

持ち歩くならズボンのポケットではなく、カバン等に入れておいた方が目立たないと思います。

 

AirPodsはこんな人におすすめ

  • しょっちゅうコードが絡まって、音楽を聞く前にコードをほどくのが面倒な人
  • とにかく付け心地の良いイヤホンを探している人
  • すでにBluetoothのイヤホンを使っているけど「使うたびに充電するのが面倒」という人
  • 頻繁にSiriを使う人
  • 時代の最先端テクノロジーを味わってドヤ顔したい人

 

何度でも言いますが、一度AirPodsを使ってしまうと二度と有線イヤホンに戻れないです。

コード付きのイヤホンはもう無理だ・・・

 

AirPodsが向いていない人

  • iPhone付属のイヤホンが全くフィットしない人(僕のようにAirPodならフィットする可能性があるので試着をおすすめします)
  • とにかく音質にこだわりがあって音に妥協できない人
  • デザインが独特で街中だと人目をひきやすいので、目立つのが苦手な人

 

正直AirPodをおすすめできない理由を探す方が難しい…というくらい僕はAirPodsを気に入っています。

上でも書いている通り、買わない理由を強いて挙げるなら「耳にフィットしない」とか「音質にこだわりがある」くらいしか思いつかなかったです。

 

まだ購入してから1日しか経っていませんが、すでに僕の生活には絶対に不可欠なアイテムとなっています!

もう手放せねぇ。

LINEで送る
Pocket

 

 

SPONSORED LINK

 




 

SPONSORED LINK

 




 

instagram