【2017年】ミニマリストしぶが選ぶ、本当に買って良かったモノまとめ

The following two tabs change content below.
ミニマリストしぶ

ミニマリストしぶ

"Minimalist"代表。福岡県出身の22歳。持ち物すべてをキャリーケース1つに詰めて「旅しながら暮らす」を実践したのち、福岡の4畳半の家にて暮らしている。
SPONSORED LINK

Panasonic Cuble

この企画を書くにあたって真っ先に思い浮かんだのが、洗濯乾燥機です。

おかげさまで、僕の頭の中にあった「洗濯」という概念そのものが無くなりました。

そしてこのCuble、ドラム式洗濯乾燥機の中では最小サイズということで、4畳半しかない洗濯機置き場にも設置することができます。

 

インテリアに馴染む四角いデザイン、縮みの少ない低温乾燥、洗剤なしで洗える温水洗浄etc…

良いところをあげるとキリがありません。

こちらの洗濯乾燥機には、寿命で壊れるまで働いてもらう予定です。

 

参照記事:洗濯用の洗剤を使わず、温水で洗う

Amazon:Panasonic Cuble

 

ブラーバ ジェット

今年は洗濯乾燥機と合わせて「時短のために持つ」アイテムが増えた年でしたね。

ブラーバは、お掃除ロボット「ルンバ」で有名なiRobot社の製品。

毎日の掃除はこの水拭きロボットに任せていて、ブラーバが動けるようにと床に物を散らかせなくなりました。

 

このブラーバ、どこに置いてあるかパッと分かりますか?

キッチンの横に設置していますが、本体サイズが小さいために、設置も省スペースで済んじゃいます。

ちなみにルンバも購入して使っていた時期がありますが、ブラーバはバッテリー充電の配線でゴチャつかない、稼動音が静かという点でブラーバ派になりました。

 

参照記事:物を買うな、時間を買え

Amazon:Braava jet (購入は5000円安い並行輸入品がおすすめです)

 

口腔洗浄機 ジェットウォッシャードルツ

強い水流を当てて、歯茎のおくに潜む歯垢を洗い流せます。日本人の8割が歯周病というデータを見てからオーラルケアに注力するように。

今年はキャリーケース1つで持ち運べるようにと、据え置き版→モバイル版に買い替え。

もはや洗濯機やエアコンに次ぐ、生活の必需品となりました。

 

ジェットウォッシャーそのものは、去年に据え置き版を購入してからずっと使い続けています。

モバイル版よりも水流が強く、水流のタンクが大きいというメリットはあるものの、置き場所が限定されるという点がネック。

性能を重視するなら据え置き、使い勝手を重視するならモバイル版を。僕はモバイル版で満足しています。

 

Amazon:口腔洗浄器 ジェットウォッシャー ドルツ

 

Dyson Super Sonic

圧倒的な大風量、ドライヤーらしからぬミニマルなデザインに惚れ込んで買いました。

デザインはもちろんですが、とにかく風量。風量がすごい。

「スーパーソニック」の名は伊達でなく、大風量のおかげで髪を乾かすのにかける時間も大幅に短縮されました。

 

ドライヤーに45000円というお金を出して後悔するのではないかと躊躇もしましたが、髪を乾かすのも毎日のルーティンですから結果として大満足しています。

ただしこのドライヤーになれてしまうと、銭湯やスポーツジムに置いてあるドライヤーの風量が弱く感じてしまうという副作用が。

 

参照記事:ミニマルが際立つ、一生モノのヘアドライヤー「Dyson Super sonic」

Amazon:Dyson Supersonic

 

Cote and Ciel 「Isar」

5年ぶりに普段使いのリュックを買い替えました。

ブロガーという仕事柄、PCなどガジェット類を持ち歩くためのカバンは必需品。

「Isar」はPC収納部分のクッションが厚く衝撃吸収性にも優れ、アシンメトリーで独特なシルエットが印象的。

 

なにより背負った時の後ろ姿が、抜群にお気に入り。

アシンメトリーなシルエットを強調するための、チャックやボタンを削ぎ落とした無機質なデザイン。

ミニマリズムの本質は”強調”だいうことを、わかりやすく表現したデザインだと思います。本当に買ってよかった。

 

参照記事:高機能とミニマルデザイン。コートエシエルの「Isar」でお洒落に荷物を持ち運ぼう

Amazon:Cote and Ciel Iasr[平行輸入品]

 

無印良品 そのまま洗える衣装ケース

衣装ケースでありながら、洗濯ネットとしても使える優れモノ。

肌着を管理するのに使っていると同時に、これに収まる分だけしか肌着を持たないという縛りを設けることができます。

 

コンセプトは「旅から帰ってきて、そのまま洗濯機へ」で、旅先と日常生活の両方で活躍。

今年「旅しながら暮らす」とキャリーケース1つで転々としていた僕にとって、非常に頼もしいお供となってくれました。

 

参照記事:肌着とタオルは「そのまま洗える衣装ケース」に収まる分だけ

無印良品ネット:そのまま洗える衣装ケース

 

Power Core Fusion 5000

コンセントに直差しできるモバイルバッテリー。

つまりACアダプターとしても、モバイルバッテリーとしても使える1台2役の便利商品。

おかげさまで、持ち物が1つ減りました。

 

毎日のスマホ充電で毎日必ずコンセントに挿すので、「モバイルバッテリーを充電するの忘れた」というシーンが皆無に。

バッテリー本体の容量は5000mAhなので、iPhone Plusのような大きめサイズのスマホを1.5回分。まさに必要最低限な容量です。

スマホだけでなく、MacBookの充電にも使っています。

 

参照記事:持ち物が減るモバイルバッテリー「PowerCore Fusion」をミニマリストにおすすめしたい

Amazon:Anker PowerCore Fusion 5000

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク