自分を知るとは、可能性を絞ること

The following two tabs change content below.
ミニマリストしぶ

ミニマリストしぶ

"Minimalist"代表。福岡県出身の22歳。持ち物すべてをキャリーケース1つに詰めて「旅しながら暮らす」を実践したのち、福岡の4畳半の家にて暮らしている。

「自分を知る」が僕のマイブームです。

なのでここ最近は「自己分析テスト」をたくさん受けています。

 

▼内向型・外向型診断

内向型か 、外向型か、中間かを測る30個の質問

 

▼ストレングスファインダー

ミニマリストの僕、一番の強み「収集心」を更に極めると決意した

 

▼エニアグラム診断

エニアグラム診断で分かる、ミニマリストという才能 

 

(他にも、おすすめの自己分析テストがあればLINE@にて教えて頂けると嬉しいです)

 

例えば、自分が「内向型」と診断されれば、そうじゃない「外交型」としての生き方を潰すことになります。

そうやって自己分析を重ねるほどに「自分にとって不正解の可能性を潰すことができた」と嬉しくなるんです。

 

自分を知らない状態とは、真っ暗闇をさまよい続けること。

自分を知っている状態とは、1本道を直進できること。

1本道を作るために、余計な可能性を潰し、絞っていくのです。

 

▼関連記事

選択肢が多いほど不幸になる「選択のパラドックス」を抜け出すための解決作

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク