旅をしながら暮らすミニマリスト、東京から京都へ引っ越す

The following two tabs change content below.
ミニマリストしぶ

ミニマリストしぶ

"Minimalist"代表。福岡県出身の22歳。持ち物すべてをキャリーケース1つに詰めて「旅しながら暮らす」を実践したのち、福岡の4畳半の家にて暮らしている。

どうも、ミニマリストしぶです。(@SIBU__

本日、東京から京都へ引っ越しました。

 

東京での生活に疲れてしまった

「キャリーバッグ1つで東京へ引っ越しました」

そんな報告をしてたった3ヶ月で東京を離れることにしたのはなぜか。

正直な話をすると、東京での生活に疲れてしまったからです。

色々な人が居るし、最先端のサービスが受けられるしで楽しい街ですが、それだけ誘惑も多いので自分の生活リズムを保つのに物凄いエネルギーが必要です。

1人でも孤独を感じず満足に生活できる内向的人間の僕にとって、人口が多い東京は刺激が強すぎました。

東京の良いところ悪いところを再度確認するためにも、一度東京を離れます。

 

そうだ、京都へ行こう

東京から京都へ引っ越こすを知人に伝えると「どうして京都なの?」とよく理由を聞かれます。

理由はシンプルに「なんとなく」です。

次はどこで暮らそうかなと考えた時に、ふと一番最初に浮かんだのが京都だったんですよね。

 

観光名所を散歩するのが楽しそう。

ミニマリズムと関係する「禅」の雰囲気を味わいたい。

人の多い東京を離れてのんびり生活したい。

それらしい理由もあるのですが、本当に直感だけを頼りに京都へ引っ越してきました。

 

そんなわけで現在は京都市内にあるシェアハウスへ引っ越してきました。

ただし今回は東京の時のように無期限の滞在ではなく、1ヶ月限定の短期滞在です。

その次の行き先はまだ決めていません。1ヶ月経ったらまたどこかへ移動します。

 

「旅をしながら暮らすミニマリスト」になる

シェアハウスを転々としている僕の持ち物はすべてキャリーバッグ1つに収まります。

持ち物が少ないミニマリストの強みは「物に縛られず身軽に移動ができる」こと。

せっかく身軽に移動できる身でありながら、同じ場所に留まるは勿体ないのではないか?

当面はこの身軽さを活かして、1ヶ月〜1週間単位で移動しながら生活する予定です。

 

「なんとなく住んでみたい・行ってみたい」と思う場所へ移動していきますが、当面のルートは特に決めていません。

とりあえず、その時その時の気分に従うのみ。

京都の次はどこへ移動しようかな。

LINEで送る
Pocket

 

instagram

SPONSORED LINK