最終更新日: 2018/08/19

ミニマリストしぶ監修のブランド「MINIMALS」を立ち上げました。

The following two tabs change content below.
ミニマリストしぶ

ミニマリストしぶ

“Minimalist”代表。福岡在住、4畳半の23歳。著書「手ぶらで生きる」が発売日に重版&Amazonベストセラー1位に。「MINIMALS」商品デザイン監修。

(追記)商品第1号が決定しました。

▶︎MINIMALSの商品第1弾は「キャッシュレス時代の財布じゃない財布」

 

ミニマリストしぶが商品プロデュースに携わることになりました。

 

きっかけは去年の12月に、とある企業様からお声かけ頂いたこと。

そして今日まで半年に渡る打ち合わせを重ねて、事業契約を結んだ次第です。

(僕が最近、都内でシェアハウスを契約したり、何度も福岡から東京へ足を運んでいた理由がこれ)

 

過去の実績やプロダクトを見て「ここなら、僕の理想通りに商品開発できる」と踏んでいます。

そして今回、ミニマリストしぶ監修のオリジナルブランドとして「MINIMALS」を立ち上げました。

 

SPONSORED LINK

MINIMALSは「最小限の集合体」

ブランド名は「MINIMALS」。

「ミニマルス」と呼びます。「ミニマルズ」ではありません。

 

ロゴのデザインは、ブログやSNSで何度も言い続けてきたミニマリズムの本質「強調」がコンセプト。

ミニマル(△)の集合体をイメージしています。

関連記事:【図解】シンプルとミニマルの違い

 

ブランド理念としては「ミニマリストの目線で、ミニマリストの為の商品を作る」というもの。

・・・とは言っても、何より「僕が欲しい物を、自分で作りたい」というのがブランド立ち上げに関わった1番の理由です。完全にエゴ。

 

まだ何を作るかは現時点で確定していませんが、「こんな商品あれば良いのに」と思っている物がたくさんあります。

そして、最終的にはアレを作りたいのです。アレを。

 

ミニマル・デザインの商品を世に届けます

「MINIMALS」を立ち上げて、商品開発をする準備は整いました。

日用品や衣類、家具家電から食品まで。作ろう思えば何だって作れる環境にいます。

あとはミニマリズムの視点で、何を作るか。

 

これからは開発にあたって、読者さんにも協力を募っていきます。

近日中にもアンケートをお願いする予定。その際にはぜひ、お力添えをお願いできれば幸いです。

とりあえず、商品の第1号を夏に発売するのが目標。

 

そして、この記事では特別に「コメント欄」を解放しています。

今後も、MINIMALSにまつわる記事に関してはコメントを受け付けるので、気軽にお便りをどうぞ。

※コメントは承認制なので、投稿して表示されるまでに時間がかかります

 

(追記)商品第1号が決定しました。

▶︎MINIMALSの商品第1弾は「キャッシュレス時代の財布じゃない財布」