Amazonプライム会員なら無料で読み放題「Prime Reading」が本日スタート

The following two tabs change content below.
ミニマリストしぶ

ミニマリストしぶ

"Minimalist"代表。福岡県出身の22歳。持ち物すべてをキャリーケース1つに詰めて「旅しながら暮らす」を実践したのち、福岡の4畳半の家にて暮らしている。

僕の生活圏に、どんどんAmazonが侵入してくる…!

本日より、Amazonプライム会員向けの読み放題サービス「Prime Reading」がスタートしました。

もちろん会員なら追加料金なしで読むことができます。

 

「Prime Reading」のロゴは爽やかなブルーが特徴的。

同じくAmazonの読み放題サービスである、月額980円の「Kinedle Unimited」のオレンジ色とは正反対の配色です。

 

ラインナップで惹かれたのが最新刊の「AERA」「DIME」「東京カレンダー」などの雑誌類。

高城剛さんの著書「LIFE PACKING」「白本」も。

 

ドラゴン桜の三田紀房が連載している「インベスターZ」も3巻まで読めます。

ただし連載中の人気漫画を取り扱っているものの「最初の数巻だけしか読めないので、続きは購入してください」というスタイルは「Kindle Unlimited」と同じ。

とは言え、気になる漫画の冒頭だけ読んで、面白いかどうかを判断するというのには最適です。

 

「Prime Reading」の対象かどうかは、「プライム会員の方は無料で読み放題がお楽しみいただけます」の記載で確認可能。

ちなみに月額980円の「Kindle Unlimited」との違いは、取り扱いされている本の数です。

17万冊の本から、一部の本が「Prime Reading」で読むことができる。

 

そしてアマゾンジャパンの社長である、ジャスパー・チャン氏はこんなコメントを残しています。

「プライム会員は、『ザ・コーチ』などの実用書、『鉄腕アトム』などのマンガ、『山と渓谷』といった雑誌など、多種多様なジャンルの人気作品を無料で、さまざまなデバイスを使って楽しめるようになる。

これからも『Amazonのプライム会員にならないなんて考えられない』とお客様に感じていただけるよう、プライム特典を充実させていきたい」とコメントしている。

出典:アマゾン、プライム会員向けに“読み放題”の「Prime Reading」を開始 – CNET Japan

コメントの通り、僕も「プライム会員はやめられない」というほどに取り囲まれてしまっています。

ですが、これは良い囲まれ方かなかと。

Amazonさえ登録しておけば他の娯楽に走って、無駄な出費が増えるということもなくなるので。

参照:ミニマムに暮らすなら「固定費>変動費」を目指せ

 

過去にも月額980円で読み放題の「Kindle Unlimited」は登録したのですが、3ヶ月くらいで退会したんですよね。

登録されていて本はある程度読んだし、新作が少ないので結局のところ、読みたい新作本は自分で買うし。

なので、プライム会員として無料で使い続けられる「Prime Reading」でも十分だなと思った次第です。

▶︎Prime Reading

 

毎月325円で利用できる「Amazonプライム」の詳細は下記の記事にまとめています。

▶︎ミニマリストの必須サービス「Amazonプライム」のお得な特典10個を紹介!

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク