物を贈らず、文字をプレゼントする「レターポッド」を普及させたい

The following two tabs change content below.
ミニマリストしぶ

ミニマリストしぶ

“Minimalist”代表。福岡在住、4畳半の23歳。著書「手ぶらで生きる」が発売日に重版&Amazonベストセラー1位に。「MINIMALS」商品デザイン監修。

10月に書いた過去記事でも紹介した、仮想通貨「レターポッド」が本日スタート。

1文字(1レター)を5円で買って文字をプレゼントするという仕組みなんですが、これがとても楽しい。

 

▼財布を無くした友達に「どんまい」と伝えました。合計11文字で55円のプレゼント。

 

▼逆に、お友達からメッセージを頂きました。15文字なので75円をプレゼントされたことになります。

 

▼文字を贈るのはもちろん、贈られるのはもっと嬉しい。文字のプレゼントが当たり前になると良いですね。

 

フランクに「昨日はどうもありがとう。これからもよろしく」と20文字を送って100円。

書式の手紙のように気持ちを込めて、1000文字を送れば5000円。(現在テスト版で、まだ換金はできません)

物を送るのではなく、熱量を込めた「文字」そのものがプレゼントになる仕組みです。

 

ネット上でやりとりするデジタルな文字って、どんなに思いをこめたつもりでも、アナログの文字よりも無機質になりがち。

ですがお金を絡めるこで、「体温のある文字(お金)」を送ることができます。

これはもっと普及して欲しいですね。今年の年賀状はレターポッドで代用しよう。

 

▼登録はこちらから。僕宛のメッセージ、ブログへの感想などお待ちしてます。

ミニマリストしぶのレターポッド