「殺風景で何にもないガラーンとした部屋」というインテリア

The following two tabs change content below.
ミニマリストしぶ

ミニマリストしぶ

(株)Minimalist代表。福岡に住む23歳。著書の「手ぶらで生きる」は世界2ヶ国で翻訳されました。

めっちゃ抽象的な話をします。

「物を持たない生活」と「芸術」って矛盾しているようだけど、むしろ逆よね…という。

※ちなみに、しぶは大皿のボウルを愛用中。大皿1枚に2〜3品目まとめてワンプレートにしてしまえば、洗い物の数が減るため。