ミニマリスト注目。未来の乗り物がこちら。

The following two tabs change content below.
ミニマリストしぶ

ミニマリストしぶ

(株)Minimalist代表。福岡に住む23歳。著書の「手ぶらで生きる」は世界2ヶ国で翻訳されました。

※この記事はYoutube動画を、内容そのままに書き起こした文章です。
下にスクロールすると文章verへ移動できます。

ミニマリスト注目。未来の乗り物がこちら。 – YouTube

  • 福岡の公道で電動キックボードが実験スタート
  • 電動キックボードはミニマリスト的に熱い
  • 福岡では様々なテクノロジーが発達

福岡の公道で電動キックボードが実験スタート

なんと電動キックボードが福岡の公道で実証実験されます。今後福岡市で走れるようになるかもしれないということで、試験的に体験させてもらいました。

電動キックボードの中にGPSが内臓されているので、公道のエリア外に出たら動かなくなる仕様になっていて、不正乗車防止にも繋がっています。

MAX25キロまで出るようになっていて、原付免許がないと公道では走れません。僕は免許を持っていないので、今後必要になったら取りに行きます(笑)

電動キックボードは乗り終わったらスマホ操作でロックして返却、という流れです。

福岡では様々なテクノロジーが発達

福岡市では先進的に様々な取り組みを行なっていて、例えば粗大ゴミをLINEで出すことができます。

関連記事:自治体で初!福岡市の「LINEで粗大ゴミ回収」を試した結果

さらに最近は本来コンビニなどで買う必要があった粗大ゴミチケットが不要になって、粗大ゴミに直接紙を貼っておけば回収してもらえるようになりました。日本では福岡だけの取り組みですが、不法投棄がしにくいので環境問題の対策にもなっていい取り組みだと思います。

他にも災害時にどういう行動をしたらいいかや、最寄りの避難所を教えてくれる「避難行動支援システム」のLINEアカウントがありますね。

さらに福岡市の中で公用物の破損などを報告すれば対応してくれる道路公園等通報システム」もあり、わずか3ヶ月で800件も報告があったそうです。普通は市役所に電話したりしなきゃいけないので、LINEだと簡単ですよね。

僕もよく雨が降ったときに利用しているアイカサも、商業施設や駅中の入り口など使える場所が増えてきました。

関連記事:傘のシェアリングサービス「アイカサ」で傘も財布も持たず身軽にお出かけできる

福岡市では市役所に行ったり、書類書いたりする面倒臭い手続きがLINEでできて便利なので、スマートシティと呼ばれています。

福岡はテクノロジーが進んでいるし、キャッシュレス進んでいるし、手ぶらで傘も借りれるのですごくいいですよ、という動画でした。

文章:伊藤美咲
編集:ミニマリストしぶ