2拠点生活スタート。家のカギが2つになりました。

The following two tabs change content below.
ミニマリストしぶ

ミニマリストしぶ

“Minimalist”代表。福岡在住、4畳半の23歳。著書「手ぶらで生きる」が発売日に重版&Amazonベストセラー1位に。「MINIMALS」商品デザイン監修。

この度、「ハイパーリバ邸」の準住民になりました。

1年前、僕が上京した時にお世話になったシェアハウスですね。

関連記事:キャリーバッグ1つで、東京のシェアハウスへ引っ越しました

 

SPONSORED LINK

”準”住民として、東京に家を持つ

そもそも”準”住民とは「家賃1万円で、月に10日まで泊まっていいよ」というシステム。

なのでずっと住んでいるわけではなく、東京に来た時だけ泊まっています。

僕しかり地方から東京都内へ頻繁に来る人が、数名ほど準住民として登録していますね。

もちろん固定の住民と違って専用の個室等はありませんが、来客用の客間で布団を借りて寝泊まりできると。

 

僕自身、仕事のために「福岡↔︎東京」を4月で2回、5月も3回も往復するので、その度に宿を探すのは大変ですし、宿代もバカになりません。

そういった経緯もあって、元住民としてツテがあった「ハイパーリバ邸」に再びお世話になっています。

(制度としてはこちらから声をかける招待制なので、僕に入居希望でお問い合わせしないでください)

 

「心の拠り所」が増えました

「東京に来たらリバ邸に泊まって良いんだ」

出張や旅先で、毎度決まった家に寝泊まりできる安心感はこの上なし。

そして僕自身が東京の拠点を持てるというメリットもありますが、なにより「心の拠り所」と思える住人同士のゆるい繋がりを維持できるのが1番嬉しかったり。

 

これからは福岡にある4畳半で一人まったり、東京ではシェアハウスで人と繋がりながら生活していきます。

よろしく、ハイパーリバ邸!