フランス料理はなぜ、大皿にちょこっと少量だけ乗っけるのか?

The following two tabs change content below.
ミニマリストしぶ

ミニマリストしぶ

余白の塊です。座右の銘は「少数精鋭」■ less is 監修デザイナー ■ Minimalist Inc 代表取締 ■ 著書「手ぶらで生きる」

ここ最近、フランス料理にミニマリズムを感じている今日この頃。

都内にある有名なフランス料理店のオーナーを務める、杉本敬三シェフが動画で話していた「大皿に少量理論」に感服したのがきっかけ。

つまりは余白。一点豪華主義が最強なわけですよ。

それに思い返してみると、「大皿に少量だけ」のスタイルの料理ってどれも高級感がある。

僕自身、そこまでグルメに興味があるわけじゃなかったけど、「グルメisアート」という視点で見ると面白くなってきたなと。

 

フランス以外だと、イタリアも大皿に少量スタイルが多いですよね。

大皿のイメージが強いパスタも、イタリアが発祥。もしやヨーロッパが熱い…?