#キャッシュレスナイト の簡易レポートと、当日の補足説明

The following two tabs change content below.
ミニマリストしぶ

ミニマリストしぶ

(株)Minimalist代表。福岡に住む23歳。著書の「手ぶらで生きる」は世界2ヶ国で翻訳されました。

昨日、11月27日の夜「#キャッシュレスナイト」と題して、株式会社dripの2人と共同のイベントを開催しました。

この記事では「#キャッシュレスナイト」に投稿された、イベント参加さんのツイートを紹介しつつ、当日の補足説明をしていきます。

 

SPONSORED LINK

キャッシュレスの始まりは「代引き手数料がモッタイナイ」

中学生ながらに、楽天等でネットショッピングで買い物することが多かった僕。

が、現金以外の支払い手段を持たない学生にとって、唯一のこされた支払い方法が「代引き」なのですが、いかんせん手数料324円が痛い…

そこで父から勧められたのが「デビットカード」という存在で、発行申し込みができる16歳の誕生日に発行申し込みをすたのが、キャッシュレスの始まりだったなぁと。

(イベント当日は「15歳」と説明しましたが、僕が利用している楽天デビットカードは「16歳」から発行可能でした。すみません!住友SBIや三菱UFJは15歳から発行可能)

 

ちなみに、16歳で発行した「楽天デビットカード」を今も使用中、長い付き合いです。

 

事業主はキャッシュレスじゃないと確定申告が大変

利点は様々ありますが、イベント登壇者である僕ら3人で共通したのは「確定申告が簡単になる」という点。

僕らのように個人で事業を行なっているフリーランスや経営者は年に1度、自分らで領収書や売り上げを整理して、確定申告をする必要があります。

その点、現金払いだと紙でしか記録が残らないので、経費を記帳するのが面倒。

クレジットカードや電子マネーなら、お金の流れが自動で記帳されていくので確定申告が簡単というお話でした。

 

悪魔のリボ払い。慣れないと、使いすぎちゃう。

クレジットカードが発行できる18歳になった僕は、すぐさま楽天カードを発行。

そぐさま、「自己投資だ!」と8万円のMacBookをカード払いで手に入れようと決意するわけですが…

分割払いにしておけば3ヶ月で買えた物を、「月々の支払いが安いから」とリボ払いで購入。

金銭的余裕が生まれて払えるタイミングがあったにも関わらず、ダラダラ払い続けて6ヶ月も引き伸ばし…10%ほど余分に支払いましたね。

 

「キャッシュレスになると金銭感覚が薄くなり使いすぎる」という典型的な罠にハマってしまい、冒頭のデビットカードに回帰する…という流れです。

今は光熱費などの「固定費」や「経費」はクレジットカードで支払いつつ、プライベートの支払いは全てデビットカードで即日払いにしたりと使い分けをしています。

 

使っているアプリまとめ

ApplePayで利用できる「モバイルSuica」と「QuickPay」がメインなのは、3人一致。

加えて、スタバアプリも良いよねと。アプリの使い心地はもちろん、オートチャージも便利と盛り上がりました。

スタパアプリの紹介:バーコード決済に切り替えたら、スタバの会計スピードが5倍速に

 

いま、「PayPay」がアツイ!

12日4日から「20%還元」のPayPayで盛り上がりました。

詳細は過去記事をどうぞ。

PayPay:スマホ決済「PayPay」が20%還元の太っ腹ぶり。バーゲン品を狙うより、スマホ決済したほうがお得なレベル。

 

ここでお客さんから「PayPayで何か買う予定がありますか?」という質問があがったのですが、満場一致で「高額家電」でしたね。

僕と平岡さん「新型MacBookのカスマイズモデルを、ソフマップで注文する」

堀口さんは「6年使ってボロがきているドラム型洗濯機を買う」

月の上限が25万円で、MAXまで使えば5万円も安くなりますからね…

高くて手が出しにくい高額家電に人気が集中しました。

 

現金が必要な時は?

印象的だったのは、堀口さんの「小銭を30円だけ、事前に持ち歩く」というお話。

よく食べる寿司の定食が1000円から1030円に値上がりしたそうで。

30円のためだけにお札を崩して、小銭を増やさないようにと30円だけ持ち歩いているとのこと。

僕も夏場は「自動販売機で水を買えるように」と130円だけ持ち歩くなど、その日1日で使い切る計算で現金を持ち歩く工夫をしています。

 

最後に、お互いのミニマル財布を紹介

最後に、イベントを共同で開催することになったキッカケでもある「ミニマル財布の開発者である」という僕ら3人。

財布を制作した経緯やそれぞれの特徴を語り合いました。詳細は下記からどうぞ。

手ぶら財布:MINIMALS / 手ぶら財布

PRESSo:「PRESSo(プレッソ)」 | クラウドファンディング – Makuake(マクアケ)

 

当日のイベント会場

Basis Point 汐留店

〒105-0021

東京都港区東新橋1-1-2 アソルティ東新橋4F

公式HP:汐留店Lab.2nd | Basis Point(ベーシスポイント)

今回のイベント開催にあたって、場所貸しに協力していただきました。

汐留駅から徒歩2分の好アクセスで、60名まで利用できるので、イベント会場でお探しの方はぜひご検討ください。