最終更新日: 2019/02/13

物を捨てられない人が言い訳しがちな3つのNGワード

The following two tabs change content below.
ミニマリストしぶ

ミニマリストしぶ

(株)Minimalist代表。福岡に住む23歳。著書の「手ぶらで生きる」は世界2ヶ国で翻訳されました。

▲ミニマリズム宣伝大使としてYoutubeの投稿を始めました。年内に登録者を3万人を目指しているので、チャンネル登録を何卒よろしくお願いします。

 

この記事は動画の要点をメモしたものです。

SPONSORED LINK

①もったいないから

▶︎使わない物を保管していることのほうが、もったいない

▶︎しぶの部屋は家賃20000円で12平米だから、1平米あたり1660円。仮に1平米も使わない物を保管していたら月額1660円のトランク代が掛かっている。

▶︎「いつか使う」はずっと使わない。必要になったら、その都度買えばいい。ストックの癖をなくそう。

 

②売れるから

▶︎メルカリ等で簡単に売れる時代だが、売るという行為は「写真に撮る・情報を書く・やりとりする・梱包発送」と結構な手間がかかる。

▶︎とくに最初のうちは物の数が多いので売ることを考えずに、一気にゴミとして捨ててしまったほうがいい。

▶︎せめて売るなら「5000円以上しか売らない。それ以下は捨てる」など基準を作って物を残す。もしくは「0円でも良いから全てリサイクルショップに持っていく」など。処分に掛かる費用をペイできたらラッキーくらいな気持ちで

 

③人に譲れるから

▶︎モノ余りの時代、プレゼントは「ありがた迷惑」になりがち

▶︎貰ったほうも断りにくいし、処分するのにエネルギーを使う。しんどい。

▶︎本当に欲しい物なら、人にプレゼントされずとも自分で買う