【満員御礼】ミニマリストしぶの単独トークショー in サンクチュアリ出版

The following two tabs change content below.
ミニマリストしぶ

ミニマリストしぶ

"Minimalist"代表。福岡県出身の22歳。持ち物すべてをキャリーケース1つに詰めて「旅しながら暮らす」を実践したのち、福岡の4畳半の家にて暮らしている。

満員のため、募集を締め切りました

2018年の1月10日(水)に、東京都内にあるサンクチュアリ出版さんのイベントホールにて、トークショーを開催します。

僕は滅多に人前で喋らないので、レアなイベントになるかもしれません。

■イベント説明・内容

1.ミニマリストしぶについて

・「職業:ミニマリスト」です
・自己破産して家がゴミ屋敷になりました
・家賃20000円、4畳半の家で暮らしてます

 

2.ミニマリストになってからの変化

・物を減らして節約に成功、1人暮らしを始めました。
・片付け、掃除、洗濯etc…物を減らして家事をやめました
・持ち物全てをキャリーケース1つに詰めて、全国を旅しながら暮らしました

 

3.そもそも「ミニマリスト」ってなんですか?

・なんでミニマリストが流行っているの?
・なんで物を減らす必要があるの?
・「ミニマリズム」の本質って?

 

4.ミニマリストしぶのライフスタイル

・どんな持ち物で、どんな家に住んでるの?
・少ない持ち物で生活できるの?不自由しない?
・毎日のスケジュールは?

 

5.ミニマリストしぶのこだわり

・毎日同じ服を着ています
・床で寝てます
・現金を使わない「キャッシュレス」を実践してます

 

6.ミニマリストしぶのお金の使い方

・生活費6万円台の内訳
・「量より質」を重視して、大好きな物だけ所有する方法
・ミニマリストは「知識・体験・人」にお金を使う

 

7.ミニマリストしぶの食生活

・1日1食で不健康じゃないの?
・何を食べてるの?
・「食」に対するこだわりは?

 

8.ミニマリストしぶが厳選した持ち物

・しぶの全持ち物全リスト
・「旅しながら暮らす」ためにキャリーケースに詰めた94の持ち物リスト
・「これだけは自慢したい」お気に入りの持ち物をプレゼン

 

9.ミニマリストしぶの「モノ運用術」

・自由な時間を増やすために、モノに働いてもらう方法
・リバウンドしないために「モノ代謝」を上げる
・良いモノを使い続けるための「モノサイクル術」

 

10.ミニマリストしぶが活用しているサービス・アプリ

・節約&物を減らすのに役立つサービス
・情報収集や思考整理に使っているアプリ
・書類やデータ管理に使っているアプリ

 

11.ミニマリストしぶの働き方

・職業ミニマリストってどういうこと?
・どんな仕事をしているの?
・どうやって稼いでいるの?

 

12.モノを減らした後のステージ

・「自分のしたいこと」を実現するために、モノを絞る
・消費せずに幸せを感じられる体質を目指す
・人間関係、仕事、スポーツetc…モノ以外にミニマリズムを応用する

 

13.ミニマリストの未来を語ろう

・未来のミニマリストはどうなってる?
・ミニマリストに向けた、こんなサービスが流行ってます
・ミニマリズムが必修スキルになる理由

 

14.質疑応答

 

■イベント概要

日時:2018年1月10日(水曜日)

19:00 オープン

19:30 開始

21:00 終了予定

 

定員:30名

参加費:3000円

 

■会場:サンクチュアリ出版1Fイベントホール

http://www.sanctuarybooks.jp/company/profile11.php

交通案内

JR千駄ヶ谷駅より徒歩7分
都営地下鉄 大江戸線「国立競技場」駅 A4出口より徒歩7分
東京メトロ 副都心線「北参道」駅 出口2より徒歩5分
JR原宿駅より徒歩13分

僕が一番好きなミニマリスト本であり、ブログで何度も紹介した「自由であり続けるために 20代で捨てるべき50のこと」の出版元である、サンクチュアリ出版さんからお声かけ頂きました。

ありがとうございます。

参照:ミニマリストのバイブル「20代で捨てるべき50のこと」は何度も読み返したい名著

 

そして定員を設けているので、申し込みはお早めにどうぞ。

参加お待ちしてます。

 

▼概要&申し込みページ

ミニマリストしぶの単独トークショー|サンクチュアリ出版

LINEで送る
Pocket

 

instagram

SPONSORED LINK