都内に家賃1万円のシェアハウスが登場。多拠点生活の波が来そう

The following two tabs change content below.
ミニマリストしぶ

ミニマリストしぶ

“Minimalist”代表。福岡在住、4畳半の23歳。著書「手ぶらで生きる」が発売日に重版&Amazonベストセラー1位に。「MINIMALS」商品デザイン監修。

僕自身も4月から、東京のシェアハウスを「宿泊10日までの準住民」という形で家賃1万円で契約しています。

関連記事:2拠点生活スタート。家のカギが2つになりました。

 

福岡の4畳半と、東京のシェアハウスと家を2つ契約しても家賃3万円ポッキリ。

福岡では4畳半で小さく日常を過ごし、東京では仕事を絡めてシェアハウスに暮らすという。

小さな拠点を複数持つ…というスタイルも徐々に浸透していくでしょうね。