ミニマリストが目指すのは「捨て上手」ではなく「選び上手」

The following two tabs change content below.
ミニマリストしぶ

ミニマリストしぶ

“Minimalist”代表。福岡在住、4畳半の23歳。著書「手ぶらで生きる」が発売日に重版&Amazonベストセラー1位に。「MINIMALS」商品デザイン監修。

最近、僕のブログでは「捨てる」「断捨離」のような、減らす表現をあまり使わなくなってきました。

「選ぶ」や「絞る」のような、1つに狙いを定めた結果、自然と物が少なくなっている状態が、ミニマリストの理想だと思うようになったから。

 

関連記事:「エッセンシャル思考」に学ぶ、99%の無駄を捨て1%に集中できる3つの技術 

LINEで送る
Pocket