「貯金で逃げ切る」じゃなく「死ぬまで稼ぎ続けて逃げ切る」思考のほうがむしろ安パイ

The following two tabs change content below.
ミニマリストしぶ

ミニマリストしぶ

“Minimalist”代表。福岡在住、4畳半の23歳。著書「手ぶらで生きる」が発売日に重版&Amazonベストセラー1位に。「MINIMALS」商品デザイン監修。

大事なのは貯金額の大小ではなく、「自分はこれで十分」という指標と自信を持つことだと思います。

それがたまたま、僕の場合は60万円という数値だっただけ。

 

そして僕は月7万円と生活費を抑えることで、こぼれるフローは最小限にしました。あとは蛇口から出るフローを安定させるのが今の課題。

特に20代の僕なんて、貯金してもたかがしれてますからね。

貯金するお金があるなら「今の自分」に使って、蛇口を大きくしてあげるほうが、むしろ安定行動。

 

物も溜め込みすぎると処分が大変なように、お金も貯め過ぎることで「当面は大丈夫っしょ」と仕事しなくなりますからね。

ストックは程々に、適度な緊張感を持って、死ぬまで働き続けられるよう”やりがい”を持ち続けていたいですね。

 

 

関連記事:60万円以上貯金しない理由