【後編公開】「トバログ」にて、キャリーバッグの中身を取材して頂きました。

The following two tabs change content below.
ミニマリストしぶ

ミニマリストしぶ

"Minimalist"代表。福岡県出身の22歳。持ち物すべてをキャリーケース1つに詰めて「旅しながら暮らす」を実践したのち、福岡の4畳半の家にて暮らしている。

前回、リュックの中身を取材して頂いた「トバログ」さんにて、記事の後編が公開されました。

今回、キャリーバッグの中身を見てもらいたいのはもちろんですが、特に「ミニマリズム」について語ったQ&Aに注目して頂きたいです。

内容を少しだけ引用。

単純に持ち物が少ないミニマリストは SNS でもちらほら見かけるが、キャリーバッグ一つで国内を転々とするまでにモノを減らしたミニマリストは、周りにはなかなか存在しない。

良い機会なので、そんなミニマリストしぶ氏に色々と思っていたことをいろいろと聞いてみた。

 

Q:どこからがミニマリスト?

僕は “自分の所有物一つ一つに対して思いがあるかどうか” だと思います。人によって必要なモノの量は変わるじゃないですか。なのでモノの少なさでミニマリストを謳うというよりも、持ち物すべてに思い入れがあるというのが自覚できる段階からが「ミニマリスト」ということになりますね。

 

Q:自分がミニマリストだと自覚したのはいつから?

これは正確に時期を覚えていて、2015年末くらい。元々は一人暮らしをしたい!ということで、節約をするために「必要なモノ」と「必要ではないモノ」を考えていたとき。ミニマリストという存在を知って、意識してモノを手放すようになったときには、自分がミニマリストであると自覚しました。

このような形式でQ&Aが6問あるので、続きは「トバログ」にてどうぞ。

▶︎【 #26 カバンの中身】「したいことを実現するためにミニマリストを続ける」ミニマリストしぶ氏のキャリーバッグの中身(後編)

 

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク