最終更新日: 2019/08/04

物を減らして生活費を下げるだけで「好きなことで生きていく」が叶う理由

The following two tabs change content below.
ミニマリストしぶ

ミニマリストしぶ

(株)Minimalist代表。福岡に住む23歳。著書の「手ぶらで生きる」は世界2ヶ国で翻訳されました。

※この記事はYoutube動画を、内容そのままに書き起こした文章です。

下にスクロールすると文章verへ移動できます。

物を減らして生活費を下げるだけで「好きなことで生きていく」が叶う理由 – YouTube

 

どうも、ミニマリストしぶです。

僕はフリーターから独立をして2年間、おおよそブログや本の執筆、YouTube、講演、会社設立などの「自分の好きなことを仕事にする」というライフスタイルで生きています。

そこで今日は、「自分の好きなことを仕事にする」を達成するために、1番簡単な方法を皆さんに教えたいと思います。

 

  • 好きを仕事にしたいなら、まずは生活費を抑える
  • プレッシャーに追い込まれると本来の自分の能力を発揮できない
  • お金の余裕があるからこそ、クリエイティビティを生み出せる

 

好きを仕事にしたいなら、仕事を頑張るのではなく、まずは生活を整える

 

僕はとにかくモノを減らし、4畳半で家賃2万円の家で生活しています。

なのでスポーツジムに通ったりNetflixを契約したり、自分がしたいと思えるような生活していても、月7万円と生活費が安く済むんですよね。

 

好きを仕事にしたいなら、仕事を頑張るのではなく、まずは生活を整える。

 

生活費を抑えれば自分の仕事で稼ぐべき金額のハードルが下がって、どんな人でも自分を仕事にできます。

もし広い家に住んでたくさんモノを買って、月の生活費が20万円必要だったら、独立のハードルが上がりますよね。

 

人は、プレッシャーに追い込まれると本来の自分の能力を発揮できない

 

会社に勤めながら副業していた人と、自分の仕事が上手くいっていない状態で会社を辞めて、飛び込んで独立した人。

この2パターンを分析すると、結局会社に勤めながら副業していた人の方が、33%副業の成功率が上がったそうです。(世界的に有名な学者、アダムグラントさんの「オリジナルズ」より

 

人はお金の余裕があるからこそ精神的なゆとりが生まれ、クリエイティビティや自分の作品を生み出すことができる。

 

自分の好きを仕事にしたいという方は、まず「自分の生活に無駄は無いか」を見直しましょう。

 

この記事の投稿者:伊藤美咲
ステキな人やモノを広めるライターです。