最終更新日: 2019/08/04

新元号「令和」に思うこと。元号廃止で西暦に統一してください

The following two tabs change content below.
ミニマリストしぶ

ミニマリストしぶ

(株)Minimalist代表。福岡に住む23歳。著書の「手ぶらで生きる」は世界2ヶ国で翻訳されました。

※この記事はYoutube動画を、内容そのままに書き起こした文章です。

下にスクロールすると文章verへ移動できます。

 

新元号の「令和」が発表されたので、今回は元号について思うことをお話しします。

 

  • 元号はいらない
  • 社会のシステムでは西暦に統一するべき

 

 

元号ではなく、西暦に統一するべき

 

結論から言うと、元号いらないと思うんですよ。

 

文化としてあってもいいけど、せめて行政や社会のシステムでは西暦に統一してほしいですね。

 

判子も絶対電子化した方が楽で便利なのが目に見えているのと同じで、元号もみんなに強制するのを止めようぜという話がしたいんです。

 

「同じ平成生まれだし、仲良くしようぜ」といったように属性に区分したがるのは日本特有の文化だと思うんですけど、これを社会的なシステムに取り入れると超面倒ですよね。

 

世界的な行政のシステムは西暦4桁だけで済むのに、日本は西暦4桁に加えて元号2桁があって、覚えるのも大変。

 

日本の身分証は元号が使われているから、元号の概念がない海外では使えないことも多く、西暦表示ができる船舶の免許証を身分証代わりにしてる人がいるとまで聞いたことがあります。

 

全部西暦に統一すればこんな面倒くさいことも消えるんだから、社会的なシステムは元号を廃止して全部西暦に統一してほしいよねという話でした。