ミニマルな美容院で、ミニマリストな美容師に。山口県のヘアサロン「Rebirth」へ行って来た

The following two tabs change content below.
ミニマリストしぶ

ミニマリストしぶ

“Minimalist”代表。福岡在住、4畳半の23歳。著書「手ぶらで生きる」が発売日に重版&Amazonベストセラー1位に。「MINIMALS」商品デザイン監修。

「しぶさんの髪を切りたい」という指名を頂きまして、福岡から山口の美容院へ行って来ました。

とはいえ指名されたからと、普通は福岡から山口までカットの為だけに行くというのは、腰が重くなるのが普通。

それでも行ってみたいと思ったのは、記事タイトルにも書いた「ミニマル」をコンセプトにした美容院に興味が引かれたから。

 

SPONSORED LINK

外観からおもてなしまでミニマルな美容院「Rebirth」

Rebirth(リバース)は山口県防府市にある美容院。

「防府駅」から徒歩10分。

 

無骨な建物に、モノトーン基調でミニマルなロゴが映える美容院です。

 

簡素な外観とは裏腹に、インテリアはシック。

 

サロンで販売しているヘアケア商品まで、モノトーンデザインの「MILBON」をチョイスするという徹底ぶりです。

 

本棚には僕の著書「手ぶらで生きる」も置いてくださってました。

目立つ所に、ありがたいです。サインも書いて来たので、施工中の読書にぜひ。

 

僕が「Rebirthに行ってみよう」という決め手になった公式サイト。

ミニマルなデザインは、美容院の公式サイトまで貫かれています。

 

そしてRebirhに所属する美容師はアシスタント不在、スタイリスト4名のみ。少数精鋭です。

これは「シャンプーやパーマ毎に、担当者が変わるシステム」を良しとしない、Rebitrhならではの拘り。

カットからシャンプーまで全て一人で施工する。そんな1:1の接客に重きを置いているよう。

 

担当はミニマリストな美容師さん「イヨマサ カズキ」さん

担当して頂いたのは、僕と同じく23歳で同い年の「イヨマサ カズキ」さん。

制服化している洋服を全て黒で統一しているという、お洒落なミニマリスト。

 

お洒落な人がやってるアレ。

美容師さんと一緒に写真を撮ってSNSにあげるやつ、一度やってみたかったんです。はい。

 

「前髪だけクセがある」「整髪剤を使わない」など僕の髪質を親身に聞いてくれた上で、カットを進めてくださいました。

ちなみに当記事はPRでなく、完全にプライベートでお願いしたので「交通費12000円+カット代3500円」と、僕の人生で最も贅沢なカットになりました笑

 

仕上がりがこちら。

カット終わりに写真を撮ってもらうのが初めてだったので、なんだかお恥ずかしい限り。

 

いつもの僕どおり、ドライヤーセットのみで整髪剤は一切使っておりません。

立体感が美しいです。

 

最後に二人でパシャリ。

イヨマサさん、ありがとうございました!

 

Rebirth公式サイト:hair salon Rebirth [リバース]

イヨマサ カズキさんのブログ:イヨマサカズキ – ミニマリストな美容師のブログ