現地の人に聞いた、絶対に行って欲しい札幌の観光名所3選

The following two tabs change content below.
ミニマリストしぶ

ミニマリストしぶ

"Minimalist"代表。福岡県出身の22歳。持ち物すべてをキャリーケース1つに詰めて「旅しながら暮らす」を実践したのち、福岡の4畳半の家にて暮らしている。

札幌での滞在を終えたしぶです。(@SIBU__

真夏の8月に行ったにも関わらず、エアコンが要らないくらい涼しいし、ご飯美味しいし・・・

つまり最高だったんです。

 

そんな札幌に行く前、「現地のことは現地の人に聞くのが早い」ということでブログのお問い合わせLINE@を通じて、おすすめの観光地を教えて頂きました。

現地の人に聞いて、実際に行ったおすすめ観光名所

今まで色々な県へ行く度におすすめを教えてもらいましたが、札幌は圧倒的に飲食店が多かったです。

「札幌はグルメを楽しむべし」ということで、日頃は1日1食で済ませている僕も札幌滞在中だけは2食になる日もしばしば。

今回は僕が行った場所全てをおすすめするのではなく、「ここだけは絶対に行って欲しい」という場所を3つに厳選しています。

この3選はいわば「おすすめのおすすめ」でもあります。ぜひ行ってみてください。

 

SPONSORED LINK

Suage+(すあげ)

「札幌はスープカレーが美味い」という話を初めて教えてもらいました。

そんな札幌のスープカレーでも有名なお店が「Suage(すあげ)」です。

 

すあげに惹かれたのはもちろんカレーの味が美味しいという理由もありますが、くわえて「ライスの量とカレーの辛さを細かく調整できる」という点。

お子ちゃまな舌である僕は「甘口&小ライス」を注文。

 

スープカレーとライスが別々に出て来ます。

すあげのお米は、毎朝精米した玄米&赤米をミックスした栄養満点のライスが使われています。

健康オタクな僕にとっては嬉しい気遣い。

 

今回注文したのは「生ラム炭火焼きカレー」。

札幌といったらジンギスカン、つまり羊の肉ですが、すあげならスープカレーと一緒に堪能することができます。

何より僕の大好きなアボカドをトッピングできるのも高評価。「ラム肉xアボカド」はたまらないです。

 

価格(税抜き)

生ラム炭火焼きカレー:1150円

アボカドトッピング:100円

 

アクセス

「Soup Curry & Dining Suage+」のGoogleMap

「Soup Curry & Dining Suage+」の食べログ

 

町のすし屋 四季 花まる

札幌は新鮮な魚介類も有名。

そんな寿司屋が多い札幌でも、ダントツ多くの人にでおすすめされたのが「花まる」。

約20人に聞いて、5人も花まるをオススメしてくれました。

 

そんな花まるは「回らない寿司屋」です。

僕自身、回らない寿司屋を食べたのは人生で初めてでした。

 

写真はサーモンとまぐろ。お皿が丸くない・・・!

長方形の陶器に、余白いっぱい寿司が並んでいます。

 

回らない寿司屋なのに、お値段はリーズナブルなのが花まるのいい所。

例えばサーモン2巻で240円、僕は7皿食べて1700円に収まりました。

下手な回転寿司に行くより、ちょっぴり奮発すれば回らない寿司屋へ行けちゃいます。

 

価格の例(税抜き)

自家製〆さば:240円

中トロ(一貫):500円

大トロ(一貫):600円

 

アクセス

「四季花まる 時計台店」のGoogle Map

「四季花まる 時計台店」の食べログ

 

モエレ沼公園

彫刻家イサム・ノグチさんがデザインした、通称「札幌市のアートパーク」

芝生一面に、所々で美しい建造物が立っています。

 

例えばトイレ1つとってもこの美しさ。

全部の施設がアートになっています。

 

公園内にある丘を登ると、天辺からふもとにかけて自転車が配置されていたり。

なぜこんな位置に自転車があるのか、謎でしょうがないのですがそれも含めてアート。

 

公園そのものを一周するだけでも1時間かかるほど広大ですが、歩いて周囲を見渡すたびに映るアートで飽きを感じません。

(余裕を持って所要時間2時間で見ておけば問題ないです)

札幌市内から電車やバスを乗り継いで約40分とアクセスは悪いですが、行く価値は十分過ぎるほどにアリ。

体でアートを感じてください。

 

アクセス

「モエレ沼公園」のGoogleMap

「モエレ沼公園」の公式サイト

 

札幌に行く際に気をつけておきたいこと

夏場でも寒いので上着必須

「いくら北海道とはいえ、同じ日本なんだから夏でも暑いだろ」

そんな風に考えていた僕が間違いでした。真夏の8月でもエアコンなしで過ごせるくらい涼しい。

むしろ夜になると肌寒いレベルなので、薄い羽織物は用意しておいたほうが良いです。

 

エリアが広いので計画的な旅行を

北海道と一口に言っても「札幌」「小樽」「函館」「旭山」「富良野」など様々な市があります。

市ごとを移動するだけで膨大な時間がかかるのが北海道。

例えば札幌→函館の移動で片道5時間。

なので「2泊3日で北海道」ではなく「2泊3日で函館」のようにエリアを絞らないまともに観光できません。

 

美人が多すぎる

札幌の一番の魅力は豊富な自然でもなく、気温でもなく、食でもなく・・・街ゆく美人の多さだと思います。

僕自身、美女が多いと言われる福岡や京都に住んでいましたが「日本で一番女の子が可愛い県は北海道でしょ」と思わされたほど。

札幌やすすきの周辺を歩いていれば、5分おきくらいに一目惚れできます。

カップルで旅行に行く際は特に、女性陣はご注意を・・・

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク