【畳めるカーディガン】ノースフェイスの名作「テックラウンジカーディガン」を徹底レビュー

The following two tabs change content below.
ミニマリストしぶ

ミニマリストしぶ

“Minimalist”代表。福岡在住、4畳半の23歳。著書「手ぶらで生きる」が発売日に重版&Amazonベストセラー1位に。「MINIMALS」商品デザイン監修。

大げさなのは承知ですが、とてもとても久しぶりに、服に恋をしました。

「23年の人生で、1番良かった服を選べ」と言われたら間違いなく、このカーディガンを選びます。

つまり、ノースフェイスの折り畳めるカーディガンが滅茶苦茶よいので皆に広めたい…というお話。

 

「季節の変わり目に羽織れるカーディガンが欲しいな」と探していたところ、知人に勧められて購入したのが、この折り畳めるカーディガン。

正式名称はテックラウンジカーディガンです。

はじめに1着買って、これは素晴らしいなと。すぐ2着目を買いましたからね…毎日ヘビロテしているので僕の制服と言っても過言ではありません。

 

折りたたむと、手のひらに収まるほどコンパクトに。

「旅先のコーディネイトを1着で済ませたい」がコンセプトで、マイクロファイバー生地のアウトドア製品です。

季節の変わり目ならバッグに忍ばせておくもよし、旅行時や引っ越し時もスペースを気にすることなく楽に持ち運びできます。

 

SPONSORED LINK

アウトドア製品とは思えない、洗練されたデザイン

167cmでSサイズ着用。ジャストサイズでした。

写真は厚手のTシャツと合わせて着用した様子。

まるでタイトなノーカラージャケットのような、アウトドア製品とは思えない綺麗なシルエットです。

 

マイクロファイバーで作られたカーディガンですが、肌触りはスエードに近く、肌に直接触れても快適に過ごせます。

色の表記はブラックですが、真っ黒ではなく深いグレーといった色味。(モードな感じで僕は好きですが、真っ黒なブラックを求めている方だと、好みが分かれるかも)

 

丈感は、ライダースジャケットのようなショート丈。

僕は痩せ型なので完全にフィットしていますが、ガッチリ体型の人はワンサイズを上を買ったほうが良さそうです。

 

袖丈の話をしておくと「S〜Mサイズでも袖丈が長すぎて、買うのを諦めることが多い167cm」の僕で、Sサイズがジャスト。

腕が長い人も、ワンサイズ上を選ぶのが良いかと。

ちなみに、レディース版も販売されてますよ。

 

とにかく高機能、管理がラクチン

デザインもさることながら、「シワにならない・ヨレない・洗濯も簡単」と三拍子そろっているのが、テックラウンジシリーズの魅力でもあります。

静電気カット、UVカット機能が盛り込まれているのも、アウトドア製品ならでは。

 

これも静電気カットの賜物か、洗濯時に違いがよくわかります。

写真は洗濯直後のカーディガンですが、洗濯直後に付きがちな糸くずも少ないです。(ニットのカーディガンなんかだと、洗った後の糸くずが尋常なくケアが大変…)

これくらいの糸くずならパパッとはたくだけで落とせちゃうので、ほぼケアなしで着用できています。日常使いをしていても、ホコリやゴミはほとんど付かない。

 

そしてマイクロファイバー生地かつ折り畳むことを前提にしたカーディガンだけあって、とにかくシワにならない。

ハンガーにかけず放置しても、雑巾のように絞った直後でも、一切シワにならないほど丈夫です。

また写真の通りボタンが生地に直接縫われてあるので、ボタンの糸が解けて外れるという問題も起こらないですし、はめ込み型のボタンで固定も楽。

 

参考までに、写真の左が同時期に買ったメリノウールのカーディガン(ウォッシャブルタイプ)で、右がテックラウンジカーディガン。

メリノウールのカーディガンは「お洒落着洗い」で、テックラウンジは「通常洗い」で洗濯したにも関わらず、明らかにシワの度合いが違います。

僕自身、過去の経験から「どんなにお洒落な服も、洗濯が面倒だと愛せない」と学んでいるので、洗濯の容易さは非常に重要。

おまけに、洗濯機で脱水してから部屋干ししておけば、2〜3時間程度で完全に乾くという代物。旅先の洗濯も簡単です。

 

廃れることない定番品であり、入手も売却も簡単

出展:テックラウンジカーディガン メンズ NT11865 / ザ・ノース・フェイス [THE NORTH FACE] 公式通販

こちら、毎年の春に販売されている定番商品らしく、1年ごとに買い直しのチャンスがあるのも嬉しいところ。

ただ2018年ぶんの在庫はもう、ほぼ全て売り切れの状態。これだけブログで宣伝しておきながら、もう入手困難というオチで申し訳ない…

僕は探し回ったあげく、AmazonとZOZOタウンで1着ずつお目当てのサイズを購入できました。狙っている人は来年の春が狙い目かもしれません。

 

そして定番かつ人気ブランドの商品なので、メルカリなどでも盛んに取引されています。(今すぐ欲しい方はメルカリで探してみるのも手ですね。)

衣類でありながら、売るときに値崩れしにくく、手放しやすいのもまた魅力のひとつ。

 

また1着14000円と、カーディガンとしては決して安くはなく。高過ぎるわけでもない価格帯。

僕個人としては「ぶっちゃけ14000円でも安い。2万円〜3万円でも買う」と言い切れる程には、気に入って着ています。

メルカリでも売れると書いたように、値崩れしないことを考えれば適正な価格だと思います。

 

アウトドア製品ならではの強みが、ミニマリストの生活にフィットする1品

「お洒落で、管理しやすくて、持ち運べる」というシンプルに使いやすい、ミニマリストの僕に刺さる1品でした。

そして、これまでアウトドア製品と言われると「機能性に特化した代わりに、どこかデザインを犠牲にしている」というのが、これまでの印象。

そんなアウトドア初心者の僕から見ても、テックラウンジカーディガンは「機能性もデザインも両立させてある」のが一目で分かります。これはアウトドア製品にハマりそうだ。

 

最後に、大事なことなので再度くりかえしますが、本当に素晴らしいカーディガンです。

こんなにも素晴らしいカーディガンを作ってくれた、ノースフェイスに感謝感激雨あられ。

折り畳めるカーディガンへの愛が溢れすぎて、これ以上は文章が無駄に長くなってしまうので…今回はこのへんで。

 

テックラウンジカーディガンの公式通販:GOLDWIN WEB STORE

快適性を求める機内などの移動から、旅先でのアクティブなスタイルまで。1着で対応できるから旅が身軽になるTech Loungeコレクションのカーディガン。マイクロファイバータオルをイメージして開発した素材は、吸水速乾性に優れ、肌触りはやわらか。コーヒーかすが原料のエスカフェ®プリントを肌面に施し、においの発生を軽減します。着脱しやすいフロントドットボタンやフラットシーム、ゆとりのあるシルエットでリラックス感を重視。UPF50+、UVカット率95%以上のUVプロテクト機能付き。スタッフサックが付属。

 

セットアップで「テックラウンジ」シリーズのパンツも購入しました

今回紹介したカーディガンと同じく「テックラウンジシリーズ」の9部丈パンツも1枚購入しました。

カーディガンと合わせるとセットアップになりますね。現在は部屋着・運動着として使っています。

こちらもまた、着用写真を撮影したのちにブログで紹介したいと思います。それではまた。