プレゼントの文化はもう時代に合ってないし、パトロン文化を流行らせたいよね

The following two tabs change content below.
ミニマリストしぶ

ミニマリストしぶ

(株)Minimalist代表。福岡に住む23歳。著書の「手ぶらで生きる」は世界2ヶ国で翻訳されました。

被災地に千羽鶴はいらない」「形ある贈り物はバクダンと同じ」という話はブログでも著書でも散々書いた通りですが、これからのプレゼントはパトロン(寄付)の要素が強くなっていくんじゃないかなと。

一方通行のオナニーじゃなく、お互いの気持ちが通い合ったプレゼントが広まって欲しいとつくづく思いますね。

関連記事:物を介さず、お金で気持ちを伝える手段まとめ