最終更新日: 2017/10/08

「伸び代」があるからミニマリストは楽しい

The following two tabs change content below.
ミニマリストしぶ

ミニマリストしぶ

(株)Minimalist代表。福岡に住む23歳。著書の「手ぶらで生きる」は世界2ヶ国で翻訳されました。

スッキリとした部屋に住むとか、日々の暮らしにゆとりを作るとか、ミニマリストになって目標を達成することは楽しい。

それにくわえて「必要最低限を追い求める過程」すらも楽しめるようになると、なおのこと良いですね。

  • 持ち物が一つ減って、スッキリしたな。
  • 減らすことで、本当に必要なものに気づけたな。
  • 前に捨てたアレ、やっぱり要るな。

そんな風に、ちょっと進化した自分に生まれ変わること、「伸び代」を感じられること。

これぞミニマリストの醍醐味です。

楽しみましょう、ミニマリストの旅を。