「着るのがもったいない」と思う服なら、そもそも買わないほうが、自分のため。服のため。

The following two tabs change content below.
ミニマリストしぶ

ミニマリストしぶ

余白の塊です。座右の銘は「少数精鋭」■ less is 監修デザイナー ■ Minimalist Inc 代表取締 ■ 著書「手ぶらで生きる」

知人との会話で「お気に入りの服ほど、もったいなくて着れない」という悩みを打ち明けられました。

「着るのがもったいない」と思うような服なら、そもそも買わないほうが、自分のため。服のため。

僕自身も、毎日おなじ服を着ている人間なので一層「No1を着続けたい欲」があります。

一張羅になるからこそ、「着れる服」を選ばなければならない。なので僕は…

  • 「洗濯しても劣化しにくい服」か「買い直しが効く定番品」などから、お気に入りを探す。
  • 汚れたり洗濯するのが怖くなる時点で「身の丈に合ってない」と悟る。
  • それでも欲しいのなら劣化を前提に、同じ服を複数着まとめ買いする。

といった具合に、No1の服を選定しています。

使わなければ、持っていないのと同じ。

着たい服なのか、飾りたい服なのか。よ〜く胸に手を当てて考えるのです…

▶︎どんなに美しくても、洗濯が面倒な服は愛せない