物を介さず、お金で気持ちを伝える手段まとめ

The following two tabs change content below.
ミニマリストしぶ

ミニマリストしぶ

"Minimalist"代表。福岡県出身の22歳。持ち物すべてをキャリーケース1つに詰めて「旅しながら暮らす」を実践したのち、福岡の4畳半の家にて暮らしている。

先日、とあるアーティストのライブへ行って来て感じたことがあります。

それは「どうして気持ちを伝える手段が、物ばかりなんだ」ということ。

 

日本人の感謝の表現は間接的。

好きを遠回しに伝えるために、「月が綺麗ですね」と伝えたり。

奥ゆかしさを文化として見れば美しいですが、「物」を使って遠回しに気持ちを伝えるのは物が溢れた現代では逆効果になることも多いです。

そこで、ただ文句だけ言ってもしょうがないので、物を介さずにお金で気持ちを伝える手段をいくつか挙げてみました。

▼メッセージを1文字=5円で換金できる「レターポッド」

物を贈らず、文字をプレゼントする「レターポッド」を普及させたい

 

▼友達同士で使える少額のクラウヂファウンディング「polca」

友達の金で飲む牛乳はうまい in Tokyo

 

▼メッセージと飲食店のギフトを送れる「Giftee」

ソーシャルギフトのgiftee(ギフティ) | ソーシャルギフトサービス

 

▼スターバックスで利用できるQRギフト

Starbucks eGift | スターバックス コーヒー ジャパン

 

▼大正義Amazonギフト券のシリアルコードをメッセージ付きで送信する

Amazonギフト(emailタイプ)

 

これらは全て実際に僕が使っているもので、「お金と気持ち」をプレゼントできるサービスです。

もっと「お金をプレゼントする」という文化が流行って欲しいなと思います。

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク