最終更新日: 2018/08/19

価格・色・第2弾の製品etc…MINIMALSに関するQ&Aまとめ

The following two tabs change content below.
ミニマリストしぶ

ミニマリストしぶ

“Minimalist”代表。福岡在住、4畳半の23歳。著書「手ぶらで生きる」が発売日に重版&Amazonベストセラー1位に。「MINIMALS」商品デザイン監修。

絶賛「財布じゃない財布」の制作に取り掛かっている、ミニマリストしぶです。

今回はブランドMINIMALSに関するQ&Aを紹介。

過去記事やTwiterのリプライからお寄せ頂いた質問・お便りに回答する形になります。

 

SPONSORED LINK

「MINIMALS」ブランド全般に関するQ&A

Q1.「財布じゃない財布」の試作は黒色で作られているようですが、他の色で販売されますか?

現状、MINIMALSの商品はどれも「黒1色のみ」でスタートします。

基本カラーに黒を選んだ理由は、ブランドイメージと汎用性を考えた結果。生活用品などは白になるかも。

というのも、色の展開を多くすると製造コストが上がっちゃったり、売れ行きにバラツキが出て在庫管理が大変だったりと、ブランドを発足して間もないMINIMALSで多色展開するのは厳しいのが実情。

なので、多色展開は売れ行きが伸び次第…ということになりますね。財布も色々なカラーで発売できるように頑張ります!

 

Q2.できれば価格もミニマルでお願いします!笑

正直な話をすると、価格をミニマルにはできないです。

スタートしたばかりのMINIMALSでは「大量生産・薄利多売」ができないので、単価を下げての「安さ勝負」ができないから。

安さ勝負では他社に勝てないし、MINIMALSで作る意味がないんですよね。中途半端な物なら100円均一で買えばと良い…となっちゃうので。

だからといってバリバリの高級路線になるわけでもないですが、安売りもしない。(丁度良い価格…という点ではミニマル?)

素材選びなど1つ1つ妥協せずに、質の高い製品を発売していきます。

 

Q3.「財布じゃない財布」の他に何か発売する予定はありますか?

まだ財布以外の発売は予定していないですが、「財布の次は日用品を作ろうかなー」くらいの構想は頭の中にあります。

第1弾の財布が予定通りいけば夏に発売なので、第2弾は秋〜冬の発売になる予定。

ブランド発足と同時に品揃え豊富に販売はできないので、少しずつ品揃えを増やしていきます。

数年スパンで、長く見守っていただけたらなと。

 

Q4.販売はネット通販だけですか?実店舗の販売はありますか?

ネット限定です。MINMALS専用のECサイトを作るので、サイトを通じて商品を購入していただく予定。

ちなみに僕と共同で制作を行なっている会社さんでは、LOFTや蔦屋書店などで販売が行われている商品もあります。

MINIMALSも店舗に並べたいですね。売りまくる。

 

「財布じゃない財布」に関する質問

Q5.レザーの素材はオイルレザーのような味が出るタイプのもの、型落しのような傷がつきにくいタイプのどちらですか?

型押しのレザー(エンボスレザー)で制作を進めています。

当初こそ経年変化が楽しめるような、味がある系のレザーにするかで迷っていました。

ですが、スマホの裏に取り付けることもあり「触る時間が長い・ポケットの外に出す時間が長い」こともあり、傷が付きにくく耐久性の高いエンボスレザーを採用する予定です。

わかりやすい例だと、アブラサスの「小さい財布」もエンボスレザーですね。

 

Q6.カードは何枚収納できますか?

上限3枚で制作しています。

クレジットカード1枚・身分証1枚・ジムの会員証など+αの1枚で計3枚。

電磁マネーやQR決済も使う前提なので、日常の外出では3枚も収納できれば十分かなと。

カードの枚数を絞っていないと購入が視野に入らない、完全にミニマリスト向けな財布になりそうです。

 

Q7.鍵は収納できますか?

現状は「カード・お札」でマネークリップに近い構造で試作品を作っています。

なので今ある試作品では鍵入れを設けていないのですが、”スマホ1つで外出”というコンセプト的にはアリですね。検討します。

 

Q8.「試作品を作ったら薄くなりすぎてペラペラになった」とのことですが、薄く小さく作ることで価格が安くなったりと薄いメリットもあるのではないですか?

じつはこれ、良くある質問なのですが「レザーが薄い=安い」は間違いなんですよね。

というのもレザーを薄型にする際、「厚いレザーを表面カットすることで薄くする」という工程を挟んでいるから。

(薄くする工程を「レザーをすく」と表現します)

かといってレザーを薄くするほど値段も高くなる…ということにもならないのですが、レザーの厚みで値段が大きく変動することはありません。

逆にレザー製品を安く売る手法としては「別々のレザーをツギハギする」という方法もありますが、余分に縫い目が目立ったりと汚いデザインになってしまうというデメリットも。

MINIMALSの財布を含め、デザイン性の高い人気財布は「1枚皮を加工」した財布が多いです。

 

(追記)コメントに頂いた質問に答えました

Q9.新しい財布の候補として検討しているのですが、発売時期や価格など詳細はいつ頃決まりますでしょうか?夏頃〜とのブログ記事にも書かれてますが、詳細な月日を知りたいです。

ご検討、ありがとうございます。

商品として発売する直前に「確認用の最終試作品」を作るのですが、それでOKを出すことができ次第、発売日も決まるといった流れです。

なので現時点でハッキリとした日時は伝えられないですが、「8月の初旬に発売日が確定・8月下旬に発売」くらいのスケージュルになるかと思います。曖昧ですみません!

 

Q&Aは以上。質問・お便りありがとうございました。

また今週中に、「財布じゃない財布」の新しい試作品が届くので、詳細を記事を書く予定。どうぞお楽しみに!

 

※MINIMALS関連の記事では特別に「コメント欄」を解放中。

気軽にお便りをどうぞ。商品開発もラストスパート、出版の忙しさも落ち着いたので返信もぼちぼち返します。

コメントは承認制なので、投稿して表示されるまでに時間がかかります。