物を捨てるのに片付け業者に頼んではいけない理由

The following two tabs change content below.
ミニマリストしぶ

ミニマリストしぶ

(株)Minimalist代表。福岡に住む23歳。著書の「手ぶらで生きる」は世界2ヶ国で翻訳されました。

※この記事はYoutube動画を、内容そのままに書き起こした文章です。

下にスクロールすると文章verへ移動できます。

物を捨てるのに片付け業者に頼んではいけない理由 – YouTube

ミニマリストしぶです。物を捨てるのに、片付け業者に頼んではいけない理由をお話しします。

 

  • 片付けは取捨選択の訓練になる
  • 同じ過ちを繰り返さないために、物を捨てる理由を必ず考える
  • 選択がうまいと人生がうまくいく

 

片付けは取捨選択の訓練になる

 

業者に頼んで不用品をすべて仕分けしてもらおうという人は結構いるんですが、これはかなりもったいないことなんですよね。

 

片付けは物事を選ぶ際の訓練になり、この訓練は自分の頭でしかできないんです。

 

自分の物がいるのかいらないのかという判断を他人に丸投げしてしまうと、成長の機会を逃すことになるので、自分でものを減らすように心がけてください。

 

 

物を捨てる理由を必ず考える

 

僕もYouTube動画で友達の物を減らすのを手伝ったり、出張ミニマリストと言ってお宅訪問して物を減らすサービスをやっていますが、人の家の物を勝手に減らしたり片付けたりはしてないんですよ。

 

あくまで依頼者さんに寄り添って、アドバイスしたり、同じ過ちを繰り返さないように、必ず捨てる理由を考えてくださいと伝えています。

 

捨てる理由を考えて分析を繰り返していけば、自分の中でも物を選ぶ際の精度が上がって、無駄がなくなります。

 

だから自分の物の仕分けを業者に任せてはいけないんです。

 

もちろん自分で仕分けをした上で、ゴミを業者に引き取ってもらうのは全然OK。

 

選択がうまいと人生がうまくいく

物を思い切り捨てるレアな機会だからこそ、自分の手で判断して捨てるようにした方が、今後の人生にも役立つと思います。

 

人生は選択の連続で成り立っているし、取捨選択は自分の周りを築く人間関係や仕事など何にでも応用が効きます。

 

取捨選択が上手くなればなんでもうまくいくからこそ、物を通じて取捨選択の訓練をしましょうというお話でした。 

 

この記事の投稿者:伊藤美咲
ステキな人やモノを広めるライターです。