物事の判断基準が明確な人ほど、幸せになるのが上手い

The following two tabs change content below.
ミニマリストしぶ

ミニマリストしぶ

“Minimalist”代表。福岡在住、4畳半の23歳。著書「手ぶらで生きる」が発売日に重版&Amazonベストセラー1位に。「MINIMALS」商品デザイン監修。
ミニマリストしぶ

最新記事 by ミニマリストしぶ (全て見る)

「暇な女子大生」がドラマ化されるということで、プレスリリースで主演の女優さんが語っていた内容にビビッときました。

つまり幸せになるとは、物事の判断基準を明確にすること。

これまで僕自身が物を増やしたり減らす中で、選ぶ力を磨いてきたのは「物事の判断基準を明確にするため」だったんだなぁと。

高学歴としかセックスしない!という考えを通して、なんか腑に落ちてしまいました。

 

そういえば、先日読んだ「頭に来てもアホと戦うな!」という本にも書いてあったのが、自分の基準を持つことの大切さです。

自分の判断の基準を持つのが重要だ。

なぜなら人生における幸せとは、自分の「心からの納得」にしかなく、納得は自分の「最も大切な基準」が満たされることで初めて生まれるからだ。

だからこそ、「自分は何が満たされたら納得がいくのか」を自分と正直に真正面から向き合い確認しておく必要がある。

(中略)

わかっていそうで一番わかっていないのが「自分」である。

自分を知り、自分をいい意味でコントロールすることほど、人生で大切なことはない。自分がわからないと幸せにはなれない。

出典:頭に来てもアホと戦うな!

やはり魅力的な人ほど、自分のことをよく知っていて、自分を使いこなすのが上手い。

その点、冒頭の暇な女子大生は何で自分が幸せになるか、自分をよく知っているんですよね。

たしかに、物事の判断基準が明確だ…

 

▼関連記事

ミニマリストしぶの「 #いらない物リスト 」