最終更新日: 2018/08/04

ケーブル要らず、口紅サイズのモバイルバッテリー「iWALK」をポケットに忍ばせてます

The following two tabs change content below.
ミニマリストしぶ

ミニマリストしぶ

“Minimalist”代表。福岡在住、4畳半の23歳。著書「手ぶらで生きる」が発売日に重版&Amazonベストセラー1位に。「MINIMALS」商品デザイン監修。
ミニマリストしぶ

最新記事 by ミニマリストしぶ (全て見る)

iPhone用の小型モバイルバッテリー「iWALK」を買って3ヶ月ほど経つのですが、これがめちゃくちゃ良いのでご紹介。

 

「口紅サイズ」がウリのiWALKは手のひらに収まるほどコンパクト。

 

充電部分のフタを開くと、LIghtningコネクタが登場。

 

フタを開いたら、iPhoneに直差しして充電するだけ。

 

充電中はメーターが点滅しまして、3段階でバッテリー残量を確認できます。

 

写真上のモバイルバッテリーは、僕が愛用しているコンセント内臓モバイルバッテリーはAnker社の「Power Core Fusion 5000」。

十分に小さいですが、ポケットに入るサイズではないので手ぶら外出には不向き。

その点iWALKはズボンのポケットに入る口紅サイズ、充電ケーブルが内臓されているので別途に持ち運ぶ必要がないのが魅力的。

 

SPONSORED LINK

充電も簡単。寝る前にスマホと一緒に刺すだけ。

モバイルバッテリー単体の充電も簡単。

本体の横にあるプラグに、Lightningケーブルを刺すだけ。

 

ケーブルに刺すとこの通り。

単体だけでも、もしくはiPhoneとバッテリーのを同時充電もできるので、寝る前にいつもセットで充電しています。

 

Lightningの端末なら何でも使える

写真はAppleのコードレスイヤホン「AirPods」を充電している様子。

Lightningコネクタ対応の端末なら何でもOK。他にはiPadも充電できます。

しかも1.5Aの高速充電ができるので、とっさのバッテリー切れにもすぐ対応可。

バッテリー容量もサイズの割に大容量、3300mhaなのでiPhoneX1台分ほど充電できるという。

 

「iWALK」はスマホヘビーユーザー必携のモバイルバッテリー

最後に「IWALK」の魅力をまとめると・・・

  • 口紅サイズで、デニムのポケットに入れてもスペースが余るほど小型
  • ケーブルが内臓されているので、ケーブルを持ち歩く必要がない
  • 1.5Aの高速充電で、3300mhaでiPhoneX1台分も充電できる。(iPhone7だと1.2回)
  • 定価が1780円と手頃、デザインもシンプル。
  • ブラック・ホワイト・水色の3色展開(2018/08/02時点)

マイナス点を強いて挙げるなら「スマホと接続するLightningコネクタ部分が少しグラつく」くらいでしょうか。(不良ではない)

かと言って急に抜け落ちたり、使うのに支障は一切感じないので問題なし。

 

そんなiWALK、スマホ中毒者の僕にとって手放せないアイテムの1つになりました。いつもポケットに忍ばせてます。

スマホの電子マネーで支払いするし、電車も乗るし、電子書籍も読む。なんなら、この記事もスマホで書いてるし…

iWALKをポケットに忍ばせて置けばiPhoneを2台持ち歩いているも同然。「バッテリー切れ」と無縁の生活を送りたい方はぜひ。

Amazon:iWALK

 

※青じゃなくて黒だそう