緑茶なのにカフェインゼロ。「デカフェ生茶」にハマっている

The following two tabs change content below.
ミニマリストしぶ

ミニマリストしぶ

“Minimalist”代表。福岡在住、4畳半の23歳。著書「手ぶらで生きる」が発売日に重版&Amazonベストセラー1位に。「MINIMALS」商品デザイン監修。

「とにかく緑茶の健康効果がすごい!」という話を知って以来、僕の中では緑茶がマイブーム。

そんなわけでここ1ヶ月ほど、毎日欠かさず緑茶を飲んでいるのですが、気になるのがカフェイン含有量。

コーヒー程ではないとはいえ、微量なカフェインを含むので「カフェインレスの緑茶ないかな〜」と調べて辿り着いたのが、この「デカフェ生茶」です。

 

ラベルには「デカフェ・カフェインゼロ」の表記が。

カフェインが入った従来の生茶はラベルが緑なのですが、デカフェ版は真っ白。不純物ゼロ感がすごい。

僕はシンプルデザインで好きですね。

 

ラベルと剥ぐとこんな感じ。緑よりも茶色の色味が強いですね。緑茶というより、麦茶や烏龍茶っぽい。

なんですが、味は少し独特なんですよね。なんというか、渋みがあるというか。

従来の緑茶に比べると少しクセがありますが、一口二口と飲むに連れてすぐ慣れました。

 

原材料名も従来の緑茶と同じで「緑茶・生茶葉抽出物・ビタミンC」 といたって普通。

「カフェインは適量なら良いけど、取りすぎはよくないよー」とブログでも散々言っている通りで、カフェインレスで緑茶の健康効果を受容できるので有難い限り。

関連記事:脱カフェイン中毒。デカフェコーヒーを飲み続けて感じた体の変化をメモ

 

午前中はカフェイン有りの普通の緑茶を、午後や就寝前はこのデカフェ生茶を飲むという生活を続けています。

カフェインコントロールに、うってつけな1杯ですね。

 

ただひとつ、ネックなのは「店頭で売っていない・2Lサイズが無い」という点。

カフェインレスの商品自体がマイナーなので、近所のスーパーや自動販売機で手に入らないんですよね。

そんなわけで、僕はAmazonでペットボトル24本をBOX買い。リュック移動の時は水筒代わりで持ち歩いたりしてます。

Amazon:キリン 生茶デカフェ 430mlPET×24本