最終更新日: 2019/08/07

【量より質】シンプルで満足度の高いお金の使い方【コンフォート原則】って?

The following two tabs change content below.
ミニマリストしぶ

ミニマリストしぶ

(株)Minimalist代表。福岡に住む23歳。著書の「手ぶらで生きる」は世界2ヶ国で翻訳されました。

※この記事はYoutube動画を、内容そのままに書き起こした文章です。

下にスクロールすると文章verへ移動できます。

 【量より質】シンプルで満足度の高いお金の使い方【コンフォート原則】って?- YouTube

ミニマリストしぶです。今日はシンプルで満足度の高いお金の使い方についてお話します。

 

僕は基本的に「物より経験にお金を回す」という考え方ですが、今回は物にお金を使うときの基準に焦点を当てています。

 

  • 使う時間が長い物にお金を回す
  • 物を減らして一点豪華主義にする
  • 量より質を重視してメリハリのあるお金の使い方を

使う時間が長い物にお金を回す

僕は使う時間が長い物にお金を回した方が満足度が高いという「コンフォート原則」の考えでお金を使っています。

 

例えば仕事で使う椅子は長時間使う物だから、お金をかけたほうがいいと良く言われていますね。

 

僕はスマホとノートパソコンが仕事道具なので、常に最新の物を買うと決めています。

 

他にもドラム式洗濯乾燥機は20万円くらいするので買うとき躊躇したんですけど、僕は家事をしたくないし、毎日の生活がかなり効率化されるのでお金を使っています。

 

反対に睡眠道具は長時間使う物だし、お金を使ったほうがいいと思われがちですが、僕は睡眠道具を3,000円の物から3万円の物まで試しても違いがわからなかったんですよね。

 

それよりも寝る前にご飯を食べなかったかとか、その日のうちに運動したかなどの生活習慣の方が睡眠の質に直結するなと感じました。だから睡眠道具では洗濯しやすいかや持ち運びしやすさの方がずっと大事だと考えて、7,000円のセミダブルのマットレスを使っています。

 

物の選び方の基準は人それぞれあると思いますが、物を減らして一点豪華主義にすれば、1つの物にお金を使えるよねということです。

質より量を重視してメリハリのあるお金の使い方をする

メリハリのあるお金の使い方が一番満足度高いと思うんですよね。

 

外食しようと思ったときに毎日ファミレス行くよりも、毎日質素に自炊をして月に1回叙々苑焼肉を行くみたいなようなお金の使い方が好きなんです。

 

中途半端にセールで安く買った物はそんなに愛着もわからないし、たいして質も良くないからすぐ捨ててしまいがちなんですけど、量より質でちゃんといい物を買えば大事に使おうと思いますよね。

 

今はiPhoneも高級ですが値崩れしにくいので、売るときにも値段がつきやすいように、いい物を持ってたらいらなくなっても売りやすいんですよね。

 

僕もフリーターのときにお金はなかったけど、物を持たない生活をしていたから1つ1つにお金をかけられて「良い物持ってるよね」と友達に言われていました。

 

基本的には物より経験を重視しつつも、物を買うときにはコンフォート原則で長時間使うものにお金を回す、一点豪華主義なお金の使い方を心がけています。