最終更新日: 2018/12/01

【イベント告知】ミニマル財布の開発者3人が語る。キャッシュレス社会におけるぼくらの電子決済事情。

The following two tabs change content below.
ミニマリストしぶ

ミニマリストしぶ

(株)Minimalist代表。福岡に住む23歳。著書の「手ぶらで生きる」は世界2ヶ国で翻訳されました。

半年前の出版イベント以来、久しぶりのオフイベントです!

アメリカ46%、スウェーデン51%、中国60%。

これは現金を一切使わず「キャッシュレス」で生活をしている人の各国の割合です。

(出典:『キャッシュレス化推進に向けた国内外の現状認識』

http://www.meti.go.jp/committee/kenkyukai/shoryu/credit_carddata/pdf/009_03_00.pdf

この世界的な流れに合わせるように、日本でもiPhoneへの電子決済導入、2020年に向けた外国人観光客の急増、と今後の1〜2年で、日本にもキャッシュレス化の大きな波がやってきます。

“決済方法が変われば、お金をしまっておく財布の形も変わるはず”

こうした思いを発端として作られたのがMINIMALSの「手ぶら財布」と、dripの「PRESSo(プレッソ)」です。

・MINIMALS / 手ぶら財布(https://cores-ec.site/minimals/products/detail/14
・キャッシュレス時代の理想の財布「PRESSo(プレッソ)」(https://www.makuake.com/project/presso/

今回は手ぶら財布の開発者「ミニマリスト しぶ」と、PRESSoをプロデュースした「堀口 英剛」「平岡 雄太」の3名が
【キャッシュレス】をテーマにトークイベントを開催します。

前半は3人の電子決済事情をパネルディスカッション方式で語り合い、後半は「手ぶら財布」「PRESSo」のこだわりポイントや開発裏話などを紹介。

実際に3人が使っている「手ぶら財布」や「PRESSo」を手にとって触っていただける機会も用意しています。

・電子決済に興味があるけど、イマイチ使いこなせていない
・キャッシュレス生活をしている人の日常を知りたい
・小さくミニマルな財布が気になる

こんな方にオススメのイベントになっています。

硬い雰囲気ではなく、ざっくばらんに今後のキャッシュレス化について一緒に夢を膨らませる会になればいいなと思っています。

ぜひ気軽に参加いただけると嬉しいです!

 

【会場】

東京都港区東新橋1丁目1−2 アソルティ東新橋 10F Basis Point Lab- 新橋・汐留 貸会議室/貸スペース

 

【開催日】

2018/11/27 (火)

19:00 – 21:00

 

【チケット代】

500円

 

【申し込みURL】

ミニマル財布の開発者3人が語る。キャッシュレス社会におけるぼくらの電子決済事情。 | Peatix

僕のブログやSNSでも度々紹介している、株式会社dripの御二方と開催です。

堀口さんとの記事:ミニマリストからモノマリストへ…?

平岡さんとの記事:ファッションブロガーFukulowさんに聞く「もしミニマリストなら」

当日は財布の中に入れている私物や、ApplePayに登録しているカード類や電子マネーのアプリなど、日々の支払い事情も赤裸々に話す予定。

会場で、待ってます!