カードで後払いをする時に、無駄使いを減らす科学的な方法

The following two tabs change content below.
ミニマリストしぶ

ミニマリストしぶ

“Minimalist”代表。福岡在住、4畳半の23歳。著書「手ぶらで生きる」が発売日に重版&Amazonベストセラー1位に。「MINIMALS」商品デザイン監修。

MIND OVER MONEY」という、お金と幸福度の研究がまとまった本を読みました。

みなさんも肌感覚でわかると思いますが、「現金→デビットカード→クレジットカード」の順で無駄使いが減ると。

 

要は後払いにしたり、電子マネーのような現物を使わない決済だと消費が増えるという話。

僕もカードを使い始めた頃はよく無駄使いしていた記憶があるのでよくわかります。月末の支払額に唖然とするみたいな。

 

とはいえ、現代では「現金禁止・キャッシュレスのみ」という店舗も増えてきているのも事実。

現金ばかりを多用するわけには行かないし、持ち物が増えて意志力が減る、家計簿が手動になって管理がずさんになるというデメリットもあります。

 

そこで提案されていたのが「ATMで現金を下ろす瞬間をイメージする」という心理テクニック。

キャッシュレスを使いつつも無駄使いをしない為の折衷案としては、かなり使えるテクニックではないでしょうか。