カカオ100%、砂糖不使用のミニマルなチョコレート「カカオマス クイックメルト」

The following two tabs change content below.
ミニマリストしぶ

ミニマリストしぶ

“Minimalist”代表。福岡在住、4畳半の23歳。著書「手ぶらで生きる」が発売日に重版&Amazonベストセラー1位に。「MINIMALS」商品デザイン監修。
ミニマリストしぶ

最新記事 by ミニマリストしぶ (全て見る)

本日、2/14はバレンタインデイ。

ということで、僕が常食しているチョコレートの紹介です。

それが「カカオマス クイックメルト」というカカオ100%のチョコレート。

こちらは大東カカオさんが販売している業務用の「カカオマス」です。

「カカオマス」とはチョコレート菓子などに苦みやコクを増すために使う、チョコレートの原料。

つまり、厳密にはチョコレートではありません。

 

チョコレートの原料である「カカオ」をそのまま食べるということになります。

というのも「健康のために、カカオに含まれているポリフェノール(カカオフラボノイド)を摂ろう」という考えから、ダークチョコレートを食べ始めたのがきっかけです。

「ダークチョコレートは健康食」という科学的なデータはかなり多いんですよ。

  • 1日25gのダークチョコレートで顔のシワが6%も減った(参考文献1
  • 1日200〜600mgのカカオフラボノイドを摂取したら空腹時の血糖値、HDLコレステロール、インスリン抵抗性、体内の炎症が改善された(参考文献2
  • カカオフラボノイドを3ヶ月摂取し続けたら、海馬の機能が良くなり記憶力が向上した(参考文献3
  • ココアフラボノールが腸内細菌のエサになって、腸内環境が改善された(参考文献4

つまり適量ならば、美肌になれるし血糖値も改善されるし、記憶力が良くなって腸内環境も良くなると。

とはいえ、チョコレートに含まれる「カカオフラボノイド」さえ摂れれば良いので、砂糖や添加物はいりません。

市販で販売されているダークチョコレートは主にカカオ70〜95%あたりで含有率が低いのと、砂糖や添加物が多くて値段も割高。

そこでたどり着いたのが、このカカオ100%の「カカオマス」なんですね。

 

小さくて(ミニ)丸い(マル)。これぞミニマル。

僕はサプリを飲む感覚で、毎日10粒程度のカカオマスを口に放り込んでいます。

砂糖も添加物も含まれていないので甘さナッシングですし、最初はめちゃくちゃ苦いですが食べているうちに慣れました。

一粒がとても小さいぶん、食べる量を細かく調整することができるのも良い感じですね。