「捨てる努力」よりも「狭い家に引っ越す努力」が大事。

The following two tabs change content below.
ミニマリストしぶ

ミニマリストしぶ

“Minimalist”代表。福岡在住、4畳半の23歳。著書「手ぶらで生きる」が発売日に重版&Amazonベストセラー1位に。「MINIMALS」商品デザイン監修。

最近のトレンドとして「タイニーハウス」や「小屋暮らし」など、小さい家で暮らすブームがあります。

その最大の恩恵は「強制的に物を減らす必要性」が生まれることだと思う。

だからこそ、最短ルートで物を減らすための方法は「引っ越し」ですが、もっと身近なところで言うと「収納を無くす」もその一つ。

場所を変えずとも「環境を変える」手段はいくらでもあるし、

環境を変えることに100%の力を注いだほうが良い…というお話でした。