「捨てる技術」を捨てよう。

The following two tabs change content below.
ミニマリストしぶ

ミニマリストしぶ

“Minimalist”代表。福岡在住、4畳半の23歳。著書「手ぶらで生きる」が発売日に重版&Amazonベストセラー1位に。「MINIMALS」商品デザイン監修。
ミニマリストしぶ

最新記事 by ミニマリストしぶ (全て見る)

「物を減らすノウハウは書いてないけど、自然と減らしたくなる」

僕の著書に対する感想で、捨てる方法があまり書いていない…という意見をたくさん頂いてます。

これはもう狙い通りでして、本書では「迷ったら捨てよう」「3択まで絞ろう」「狭い家に引っ越そう」くらいのことしか書いていません。

というのも、断捨離や片付け術を筆頭に、世の本棚が「捨てる技術」に溢れてしまっているから。

 

「〜ヶ月使っていない物は捨てよう」

「複数あるものは捨てよう」

「いつか使おう、を理由に残すのをやめよう」

 

片付けテクニック○個のルールなど、捨てる技術や基準にはキリがありません。

そうして物を減らそうと、技術をたくさん身につけては「結局、どうやって捨てれば良いんだろう」というジレンマに陥って、手が動かなくなってしまう。

だからこそ、捨てるノウハウを書かずに「物が少ない良さ」をたくさん書き残したのです。