もうね、僕はミニマル過多。ブランド名を「less is」に変更した理由をつらつらと

The following two tabs change content below.
ミニマリストしぶ

ミニマリストしぶ

(株)Minimalist代表。福岡に住む23歳。著書の「手ぶらで生きる」は世界2ヶ国で翻訳されました。

本日、監修しているブランド「MINIMALS」の名前を「less is」に変更しました。

レスイズ。

ちなんでブランド名変更に至るまでの経緯と、新ブランドの方針を書き残しておこうかと。

結論から言うと、「ミニマル」だけでなく「レス」という言葉を世にもっと推していきたい、ブランドのロゴを無くしたいというのが主な理由です。

 

俺はミニマリストしぶ

作った会社名はMinimalist

手掛けるブランド名はMINIMALS

 

もうね、ミニマル過多。

最小限の物で暮らしたり、思考したり…今までずっと自分のライフスタイルをぜ〜んぶ「ミニマル」という言葉でしか表現してこなかったんですね。

そうじゃなくて「レス」という言葉もあるんだから「ミニマル&レス」の二刀流で、自分のライフスタイルを横展開したいし。

 

かつ、昨今の「〜レス」をもっと最先端のトレンドにしていきたいなと。

2019年10月の消費増税10%にちなんで「キャッシュレス」という言葉が浸透し、

国会が「ペーパーレス」で議定書をやめてタブレットPCを採用されたり、

iPhoneXを筆頭に「ボタンレス」かつ、液晶のフチをギリギリまで無くす「ベゼルレス」とか。

他にもハンコレス、レジレス、ケーブルレスとか。レスレスレス。

 

「〜レス」という取り組みが時代の最先端になりつつある今、僕もこの言葉を推していきたい。

ちなんで、ブランド名変更と同時にロゴも無くしています。

例えば手ぶら財布。本体の内側にあったロゴとブランド名も無くしましたね。

つまり「ロゴレス」です。

今後の新商品も全部ロゴを無刻印にしているし、商品本体にはブランド名も記載しないので「ブランドレス」でもある。

 

極論、iPhoneとかMacBookってリンゴマーク無くても、Apple製品って分かるじゃないですか。

ロゴやブランド名が無くても、商品のデザインを見た時に「あ、このエコバッグはless isの商品だ」と言ってもらえるように。

引き算の美学で、製品デザインでを勝負していきたい。

 

MINIMALSのロゴ「△」も気に入っていたんですが、僕のブランドにはもう必要ないかなと。

ブランド開設から1年半、MINIMALSを応援してくれていた皆さまには本当に感謝しています。

もう今後、ブランド名の変更はしません。less isで確定。

 

最後に。

リニューアルにちなんで、例えばエコバッグの梱包を「リサイクル再生紙」に変更していたりします。

MINIMALSの時はビニール袋で包んでいたのですが、エコバッグなのにエコじゃないという矛盾。

最近もチョコレートのKitKatがビニールをやめて、紙パッケージに変更したのが話題になりましたが、

less isでも今後、できるだけビニールを減らしてエコな梱包を心掛けたいなと。

 

物を大量消費しないミニマリストと、エコ。

凄く相性が良いですからね。

ぶっちゃけエコはお金かかる、ビニール袋とかのほうが安く作れたりとか。なかなか企業でエコに取り組むって労力かかるんですけども。

 

将来的には「less isの使い終わった製品は、less isで引き取ってリサイクルに出します!」なんて回収できる余力も付けていきたい。

頑張るぞ。

 

 

……おまけ。カッコイイ理由ではないので極力、話したくないのですがビジネス的な理由もありまして。

MINIMALSというブランド名が「ミニマルズ」と読み間違えられたり、初見の人に「株式会社MINIMALS」なんて言われたり。

※本当の読み方は「ミニマルス」で、会社名は「株式会社Minimalist」

 

新ブランドはどう読んでも「レスイズ」としか読みませんからね。

「俺も私もいつか自分のブランドを立ち上げるんだ!」という志を持っている読者さんがいたら、お気をつけて。