世の中ミニマリストはどれくらい浸透してる?

The following two tabs change content below.
ミニマリストしぶ

ミニマリストしぶ

(株)Minimalist代表。福岡に住む23歳。著書の「手ぶらで生きる」は世界2ヶ国で翻訳されました。

※この記事はYoutube動画を、内容そのままに書き起こした文章です。
下にスクロールすると文章verへ移動できます。

世の中ミニマリストはどれくらい浸透してる? – YouTube

「世の中にミニマリストはどのくらい浸透していると思いますか」というコメントに対してのトークです。

  • ミニマリストは増えている
  • 雑誌や著名人の間でも取り上げられるように
  • 今後はもっとミニマリストが増えていく

ミニマリストは増えている

Takeru:ミニマリストは確実に増えていますよね。YouTuberでもTwitterでもミニマリストを名乗る人が増えています。僕は今日本全国のミニマリストさんを取材させてもらっていますが、100人以上の応募があって対応しきれないんですよ(笑)地域別だと1番は東京、2位は福岡なんですよ。3番目に大阪。

ハヤシ:大阪より福岡の方が多いのは意外。人口は大阪の方が多いもんね。

Takeru:応募してくれた人は福岡や九州の人が多い印象ですね。

しぶ:そもそも2015年にミニマリストが1度流行語大賞になっていて、ミニマリスト本も出まくっていました。流行語になったときはちょっと珍獣扱いだったんだよね。

ハヤシ:正直な事言っていい?最初なにこいつって思ったもん(笑)

しぶ:僕の中では2017年にちょっと薄まって、2018年くらいからまた増えてきましたね。最近はミニマリストの言葉自体はかなり浸透してきた気がします。

言葉知らずにミニマリストTシャツを着る女子大生がいる

しぶ:18歳くらいの女子大生の子が「MINIMALIST」とロゴの入った服を着ていて。気になりすぎて声かけたんですよ。

ハヤシ:ナンパやん!(笑)

しぶ:そうしたら普通の商業施設で買っていて。しかもその子はミニマリストという言葉を知らないで着ていたんだよね(笑)隣にいた女の子が「必要最低限のもので〜」とちょっと知っている感じだった。

ハヤシ:TシャツにNew York cityって書かれてるみたいな(笑)

しぶ:そう!同じようなノリ!

Takeru:そのTシャツちょっと欲しいですもんね(笑)

しぶ:声をかけたときに「しぶさんだ!」って言われると思ったんですよ。でも全く反応ないから、「ミニマリストの服着ているけど、僕のことは知らないんだな」と思って。どこで買ったのか聞いているうちに、ミニマリスト自体を知らないとわかったんですよね。

ハヤシ:何色のシャツだったの?

しぶ:白にちょこっとロゴが入ってるみたいな。

ハヤシ:それはミニマリストを意識してるね。

雑誌や著名人の間でも取り上げられるように

しぶ:今はキャッシュレスも推進されているし、モノ系の雑誌でも「ミニマルデザイン特集」や「手ぶらでバーベキュー」みたいに「ミニマル」が結構取り上げられていて。

ハヤシ:手ぶらでバーベキューはめちゃくちゃ聞く。

しぶ:あとは、時代の流れとして人類がミニマリストに向かっていると思っていて。シェアリングも増えているし、街中ではレンタルモバイルバッテリーや自転車もあるし。持ち物が少なくなってきているじゃないですか。

その流れでミニマリストという言葉が取り上げられたり、片付け=ミニマリストみたいな。ミニマリストが抽象的な概念なゆえに、整理整頓やミニマルデザインが全部ミニマリストに向けられている気がしますね。

NHKの「金曜日のソロたちへ」に出演したときに、俳優の千葉雄大さんがミニマリストの本を読んでいると話していました。一緒に出演していたNONSTYLEの井上さんも明らかにミニマリストを知ってたね。ここ最近は著名人の方達もミニマリストという言葉を使い始めたと感じます。

Takeru:3年後、5年後はもっと浸透しているだろうなと感じますね。

しぶ:言葉を聞いたことがあるくらいであれば、30%くらいは浸透しているんじゃないかな。みんながミニマリストになりたいというレベルではないけど、言葉としては知られつつあると思います。キャッシュレスの普及率がミニマリストの普及率のような肌感はありますね。

文章:伊藤美咲
編集:ミニマリストしぶ