最終更新日: 2017/03/21

高収入を目指すあなたに、読書が最良の自己投資である4つの理由

TAG index

「本を多く読む人ほど収入が高い」というデータを知っていますか?

それだけ、読書には優れた効果があるということ。

全く読書もせずにダラダラテレビを見たりスマホでゲームしている人と、

隙間時間を見つけては読書するような人とでは収入に大きな差があるのは当然と言えます。

 

SPONSORED LINK

1.高収入でお金持ちの人ほど沢山の本を読むというデータがある

実際に、読書量と年収は、比例するのです。

読書量について多くの調査がなされていますが、ほとんどの調査で、年収の高い人は読書量も多いという結果が出ています。

例えば、2009年の日本経済新聞社産業地域研究所の月額書籍購入費の調査(全国の20〜60代の男女1000人を対象)。

20〜30代の年齢層を見ると、年収800万円以上の人の月額書籍購入費は、2910円。

2006年次の調査と比較して19%増になっています。

年収400〜800万円未満の人たちは、2557円で23%増。

400万円未満の人たちは、1914円で24%減、という数字が出ています。

年収が高いほど本の月額購入費が多く、年収が低いほど月額購入費が少ない。

読書量と年収は比例するのです。そして、さらに最近になってその傾向は強まっています。

引用元:読んだら忘れない読書術

この記事を読んでいるあなたも”貧乏人は読書をしない”というフレーズに惹かれて記事を開き、

「もっとお金が欲しい」と思っているのではないでしょうか。

読書をするほど収入が増えるというのは考えてみれば当たり前の話で、収入というのはその人が行う仕事の価値に見合った額が支払われます。

自分が今と同じ人間でいる限り、他人と同じことを続けている限り収入が増えることは絶対にありえません。

逆に本を読んで優れた人の知識や経験を得ることで、今の自分よりもより賢くなった自分になれば、周りの人と差別化することができるのです。

 

2.数時間の読書であなたの貴重な100時間を短縮できる

例えばの話、これから「お客さんを集める為にお店のホームページを作ろう」と考える人はまず何から手をつけるでしょうか?

自分でホームページを作ろうと自力で試行錯誤するでしょう。

あれこれと試行錯誤してようやく、仮に2ヶ月でホームページ作成の手順をマスターするとします。

1日2時間やったとして2ヶ月で120時間。

そりゃあ120時間もあれば自力でホームページ作りをマスターできるでしょう。

それよりも、自分で試行錯誤するよりも効率的な方法があります。

ホームページを作れるようになりたいなら、ホームページ作りについて書かれた本を1冊読めば良いんです。

あなたがこれから0の知識からスタートするのと、先人たちの成功体験や失敗体験を本で学んだ上でスタートするのとでは、言うまでもなく本を読んでいた方が有利でしょう。

本を読んで基本的な使い方から効率的なテクニックを学んでホームページを作り始めたら、完成させるのに120時間かかったものが、20時間に短縮できるかもしれない。

本を数時間かけて読んでおけば、100時間も短縮できるのです。

100時間を短縮できたとして、あなたがもし時給1000円で働いているならそれは10万円節約できたということ。

「本を買うこと=時間を買うこと」と言えます。

3.たったの1000円で専門家の知恵や経験を学ぶことができる

本には何千何百もの人たちの優れた知恵、成功体験や失敗体験が書かれています。

著者が膨大な時間をかけてまとめた知識をたった数時間の読書で手に入れることができますし、その上1000~2000円程度もしくは古本なら数百円で買うことができます。

その人の何十年分の経験をたったの1000円で吸収できるんですよ?安すぎませんか??

「1冊1000円や2000円の本なんて買うの勿体ない!」なんて言う人もいますがよく考えてください。

惰性で付き合う、無駄な飲み会だと3000~4000円でその場限りの薄っぺらな時間を潰すことになりますが、

読書ならたったの1000円で一生物の知識や経験を学ぶことができます。

読書は時間もお金も効率良く使えるコスパ最強の自己投資ですね!

 

4.ネット時代で必要な「文章力」を身につけることができる

会社で使う日報や報告書、スマホのおかげで身近になったSNSやLINEでのやりとりにも「文章力」が必要な時代になりました。

僕が今書いているこのブログもそうですし、仕事に限らずプライベートや恋愛でも「文章を書く」という行為が当たり前になっています。

インターネットの時代だからこそ、優れた文章をかく「文章力」を身につける必要があります。

本を読む人と読まない人の決定的な違いは文章力です。

文章を上達させるにはたくさんの本を読んで、優れた文章に触れるしかない。

本を読み優れた文章に触れれば触れるほど、より良い文章が書けるようになるのです。

 

 毎月5冊の本を読めば日本人の上位7%に入れる

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-30-18-24-42

日本人の年間の読書量が12冊というデータがあります。

つまり日本人は月にたったの1冊の本しか読まないということです。

月に5冊読むだけで日本人の上位7%に入ることができます。

▶︎「1冊も本を読まない」…47・5% 文化庁調査で「読書離れくっきり」(1/4ページ) – 産経ニュース

月に5冊なら一週間に1冊以上読めばいいだけです。

1冊の本を1週間で読めば良いなら、1日30分だけ本を読む習慣を身につければ毎月5冊に到達できます。

そして自分がその道を極める専門家に近づきたければ、まずはその道で成功している人達の考えや経験を吸収する必要があります。

そのための第一歩が読書という自己投資なんです。

 

※2016年12月9日追記

僕が読書量を増やすための方法を書きました。

▶︎毎月30冊読めるようになった、読書量を増やす超具体的な方法 | シブシブ